精油一覧

レモンの精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

更新日:

レモン

 

フレッシュで酸っぱいレモンの香りは、集中したいときやリフレッシュしたいときに最適です。 
 

レモンの精油には頭をスッキリさせ、集中力を高める作用のほか、ウイルス対策や虫刺され、傷などにも使われます。 
 

ローズマリーとのブレンドの相性がとても良く、朝の目覚めのアロマブレンドとして、認知症ケアにも取り入れられるほど。 
 

 
 

アロマスプレーにして使うときは、生地に色(薄い黄色)が残ることがあるので注意しながら使いましょう。 
 

リモネン」が主な成分で、抗菌・抗ウイルス作用、ストレス緩和、免疫力を高める働きなどがあります。 
 
 

 

レモンの精油|香り、成分、効能、ブレンド相性

 

レモン

学名:Citrus limon

科名:ミカン科

抽出部位:果皮

抽出方法:圧搾法

オイルの色:薄い黄色

 
 

レモンの香り

 

フレッシュで酸っぱいレモンの香り。 
 
 

レモンの成分

 

リモネンを多く含み、消化促進やストレス緩和、リラックス、安眠効果が期待できます。
Karisugi
 

リモネン 

●γ-テルピネン

●α-ピネン 

β-ピネン 

シトラール 

●β-ピサボレン 

●ネロール 

ゲラニオール 

クマリン 

フロクマリン 
 

 
 
 

レモンの効能

 

抗菌作用。 

抗ウイルス作用。 

抗炎症作用。 

鎮痛作用(頭痛、偏頭痛、リウマチなどに)。 

利尿作用(むくみ、ダイエットに)。 

収斂作用(スキンケア、頭皮ケアに)。 

免疫力アップに。 

吐き気や食欲不振、便秘など、消化器系のトラブルに。 

虫刺されによるかゆみに。 

シミ、くすみケアに。 

皮膚をやわらかくする働き。 

集中したいときやリフレッシュしたいときに。 
 

光毒性があるので肌に使用後は日光(紫外線)に当たらないよう注意しましょう。肌にも気にせず使いたいときは、光毒性の成分「フロクマリン」を取り除いた「レモンFCF(フロクマリンフリー)」の精油がおすすめです。 

・肌を刺激することがあるα-ピネン、リモネンを含むので、敏感肌の人は少量から使って様子を見ましょう。

 

 
 
 

レモンとブレンドの相性が良い精油

 

ローズマリー 

ホーリーフ 

ベルガモット 

ペパーミント 

ラベンダー 

ティートリー 

サイプレス 

ジュニパー 

ユーカリ 

ブラックペッパー 

フランキンセンス 

イランイラン 

ネロリ 
 

 

Karisugi
レモン+ローズマリーは、頭をシャキッとさせ、リフレッシュにも役立つことから、日中の芳香浴におすすめな相性の良い精油です。また、ほかの柑橘系精油とブレンドすると、明るく元気な気持ちにしてくれる香りになりますよ♪
 
 
 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-精油一覧

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.