精油一覧

ペパーミント精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

ペパーミント

 
眠気を覚ましたいときや集中したいとき、ペパーミントのスッとした香りが役立ちます。 
 
ペパーミントの精油は、「メントール」、「メントン」が主な成分で、冷却作用と加温作用、集中力とリラックスといった、両方の働きをあわせ持っています。 
 
また、優れた抗菌作用があることでも知られています。 
 
ハッカ油とはまた違うものなので、混同しないようにしましょう。 

 

 

 

ペパーミント精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

学名:Mentha piperita

科名:シソ科

抽出部位:花と葉

抽出方法:水蒸気蒸留法

オイルの色:薄い黄色

 
 

ペパーミントの香り

はじめはペパーミント特有のスッとした爽やかな香りですが、時間の経過とともに甘さも出てきます。 
 
 

ペパーミントの成分

 

メントールとメントンを多く含み、呼吸器系や消化器系のトラブルに役立ちます。
Karisugi
 

メントール 

● メントン 

● ネオメントール 

● イソメントン 

● プレゴン 

1.8シネオール 

リモネン 

α-ピネン 

β-ピネン 

β-カリオフィレン 
 

 
 

ペパーミントの効能、禁忌

 

抗菌・抗ウイルス作用。 

抗炎症作用。 

鎮痛作用(歯痛、筋肉痛、リウマチなどに)。 

デオドラント作用。 

消化器系のトラブルに(吐き気、乗り物酔いなどに)。 

呼吸器系のトラブルに(咳、たん、鼻づまりなどに)。 

熱を冷ます作用と同時に発汗作用もある。 

虫刺され予防に。 

皮膚をやわらかくする働き。 

集中したいとき、眠気を覚まして頭をクリアにしてくれる。 

気持ちを引き締めると同時に、リラックスもさせてくれる。 
 

* 妊娠中・授乳中の方は使用を避けましょう。 

* 皮膚や粘膜を刺激することがあるので、少量から試しましょう。 

* 目の近くで使うとビリビリするので注意してください。

 

 

メディカルアロマに興味のある方におすすめの良書がこちら。使い方やブレンドレシピの参考になります ▼▼

 
 

ペパーミントとブレンドの相性が良い精油

 

ラベンダー 

ローズマリー 

グレープフルーツ 

サイプレス 

スイート・マージョラム 

ティートリー 

ユーカリ 
 

Karisugi
ペパーミントは、柑橘系やハーブ系の精油とブレンドの相性が良いです。スーッとした清涼感があり、夏におすすめですが、精油は直接お肌に使えませんのでご注意ください。
 

ペパーミントと相性の良い精油がブレンドされたアロマスプレーもあります。空間のこもりがちな空気をクリーンに整えたいときや、花粉対策やウイルス対策に、手軽に試せますよ♪ 

>>【楽天市場】アットアロマ エアミスト 
 
 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-精油一覧