-本ページはプロモーションが含まれています-

精油一覧

グレープフルーツ精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

グレープフルーツ精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

 
グレープフルーツ精油は、リフレッシュできるような、甘く、でも少しだけ苦味もある香りで、男性にも受け入れられやすい香りです。 
 
ダイエット効果が期待される精油ですが、一方で消化を促す働きもあるので、食欲がないときや食べ過ぎたときにも役立ちます。 
 
リンパ系を刺激して体に溜まった水分排出をサポートする働きもあるので、むくみで太って見えるという人はリンパケアがおすすめ。 
 
ただ、光毒性の成分「フロクマリン」を含むので、トリートメント後は日光に当たらないように注意する必要があります。 
 
リモネン」が主な成分で、抗菌・抗ウイルス作用、ストレス緩和、利尿作用などがあります。

 

グレープフルーツ精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

学名:Citrus paradisi

科名:ミカン科

抽出部位:果皮

抽出方法:圧搾法

オイルの色:薄い黄色

 
 

グレープフルーツの香り

精油の香り

リフレッシュできるような、甘く、でも少しだけ苦味もある香り。

グレープフルーツの成分

精油の成分

ストレス緩和や身体の浄化に役立つ、モノテルペン炭化水素類のリモネンを多く含みます。また、ヌートカトンは、グレープフルーツの特徴的な香り成分として知られています。
Karisugi
 

リモネン 

α-ピネン 

ミルセン 

フロクマリン 

ヌートカトン 

 
 

グレープフルーツの効能

精油の効果、効能

抗菌作用。 

抗ウイルス作用。 

抗炎症作用。 

鎮痛作用。 

収れん作用。 

健胃作用(吐き気や食欲不振、便秘など、消化器系のトラブルに)。 

デオドラント作用。 

リンパ系を刺激し、体に溜まった老廃物排出をサポートする(ダイエット、むくみなどに)。 

シミ対策に。 

ストレス緩和とリフレッシュに。 

心を元気にしたいときに(ストレス、うつ)。 

旅行や出張など移動による心身の疲労をやわらげてくれる。 

光毒性の成分「フロクマリン」を含むので、肌に使ったときは日光(紫外線)に当たらないように注意しましょう。 

* 皮膚に刺激になる場合があるので、敏感肌の方は少量から試しましょう。

 

メディカルアロマに興味のある方におすすめの良書がこちら。使い方やブレンドレシピの参考になります ▼▼

 
 

グレープフルーツとブレンドの相性が良い精油

ブレンドの相性が良い精油

オレンジ・スイート 

ベルガモット 

レモン 

ペパーミント 

ホーリーフ 

◎ ローズマリー(シネオールカンファー)

ティートリー 

ゼラニウム 

パルマローザ 

ラベンダー 

サイプレス 

ジュニパー 

クラリセージ 

イランイラン 

クローブ 

コリアンダー 

ブラックペッパー 

フランキンセンス 

ローズウッド 

フェンネル 

Karisugi
特に柑橘系同士のブレンドの相性が良いですが、グレープフルーツはわりとどの精油とも合うので使いやすいです。グレープフルーツの香りをかぐだけで、ダイエット効果が期待できるという興味深い話も♪
 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-精油一覧