精油一覧

ベルガモットの精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

更新日:

ベルガモット

 

ベルガモットは、紅茶のアールグレイの香りづけに使われているので、匂いのイメージはつきやすいかと思います。オレンジ・スイートの甘さに苦味を足したような大人な香りです。 
 

ベルガモットの精油は、気分を上げて前向きな気持ちにしたり、逆に落ち着かせたりする働きがあります。どちらか極端にならず、「中庸」な状態にしてくれるんです。ほかの精油で「香りを嗅いで最初は元気が出るんだけど、あとからどっと疲れる気がする」という方にもおすすめです。 
 

 

ほとんどの精油と相性も良く、ブレンドの幅が広がりますよ。  
 

主な成分は「リモネン」、「リナロール」、「酢酸リナリル」で、抗菌・抗ウイルス作用、鎮静作用、強壮作用などの働きを持っています。 
 
 

 

ベルガモットの精油|香り、成分、効能、ブレンド相性

 

ベルガモット

学名:Citrus bergamia

科名:ミカン科

抽出部位:果皮

抽出方法:圧搾法

オイルの色:薄い黄色

 

 
 
 

ベルガモットの香り

 

紅茶のアールグレイの香り。オレンジ・スイートの甘さに苦味を足したような香り。 
 
 

ベルガモットの成分

 

リラックス効果のあるリモネン、リナロール、酢酸リナリルを多く含みます。
Karisugi
 

リモネン 

リナロール 

β-ピネン 

●γ-テルピネン 

酢酸リナリル 

フロクマリン 
 

 
 
 

ベルガモットの効能

 

抗菌作用。 

抗ウイルス作用。 

抗炎症作用。 

防虫作用(虫刺され予防などに)。 

デオドラント作用。 

食欲がないとき、消化が悪いときなどに。 

免疫力アップに。 

脂性肌、ニキビ、湿疹など肌トラブルに。 

緊張やイライラ、怒り、ストレスをやわらげたいときに。 

不安感や鬱々とするとき、気持ちを明るく高揚させてくれる。 

気分を上げて前向きな気持ちにしたり、逆に落ち着かせたりする働きがあります。どちらか極端にならず、「中庸」な状態にしてくれます。 
 

光毒性があるので、肌への使用後、日光(紫外線)に当たらないように注意しましょう。肌へも気にせず使いたいときは、光毒性の成分「フロクマリン」を取り除いた「ベルガモットFCF(フロクマリンフリー)」の精油がおすすめでせす。

肌や粘膜を刺激することがあるをので、敏感肌の人は少量から使って様子を見ましょう。

 

 
 
 

ベルガモットとブレンドの相性が良い精油

 

ラベンダー 

クラリセージ 

ホーリーフ 

グレープフルーツ 

レモン 

ゼラニウム 

イランイラン 

ネロリ 

ユーカリ

パチュリ 

ペパーミント 

スイート・マージョラム 

ブラックペッパー 

サイプレス 

 

Karisugi
比較的、どの精油とも相性が良いですが、特にラベンダー、クラリセージとのブレンドの相性が良いです。ベルガモットの香りだけでも十分いい匂いですが、ほかの精油とブレンドして作るアロマスプレーやアロマオイルもおすすめですよ♪
 
 
 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-精油一覧

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.