精油一覧

サンダルウッド精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

サンダルウッドの精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

 

サンダルウッド精油は、お寺やお線香のような香りで、日本人にはなじみのある香りです。 
 

インドでは宗教の儀式に薫香(くんこう)として用いられています。 
 

また、香水のベースノート(ラストノート)によく使われていますが、精油で手作り香水を作るときにも重宝しますよ。 
 

芳香浴やオイルトリートメント(マッサージ)、空間の浄化としてもおすすめです。 

 

 

サンダルウッド精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

学名:Santalum album
(ケモタイプ精油;Santalum austrocaledonicum)

科名:ビャクダン科

抽出部位:木部(心材)

抽出方法:水蒸気蒸留法

オイルの色:薄い黄色 

* オイルに粘度があり、ドロッパーから出てくるまでに少しかかります。ちゃんと出てくるのでボトルを振らないように注意です。

 
 

サンダルウッドの香り

ウッディー、スモーキーな香り。

和名は白檀(ビャクダン)。「お線香の香り」や「お寺の香り」な印象です。ムエットに付けて3日目くらいまではスモーキーな香りなんだけど、だんだん甘さのあるウッディー系の香りに変化します。香りが長く持続するので、香水作りにも重宝しますよ☆
Karisugi
 
 

サンダルウッドの成分

 

● α-サンタロール 

● β-サンタロール 

● α-ベルガモトール 

● epi-β-サンタロール 

● ランセオール 他 
 

セスキテルペンアルコール類を多く含みます。その中でもα-サンタロール、β-サンタロールは、サンダルウッド精油の香りを作っている主要成分です。「活力」より「鎮静」を得意とします。
Karisugi
 

 
 

サンダルウッドの効能

 

抗菌作用。 

抗ウイルス作用。 

抗炎症作用。 

呼吸器のトラブルに(喉の痛み、咳、痰などに)。 

うっ滞除去作用(むくみ、セルライトなどに)。  

利尿作用。 

収斂作用(下痢などに)。 

心臓強壮作用。 

体の冷えに。 

皮膚軟化作用(乾燥肌、年齢肌などに)。 

にきび、かゆみなど皮膚トラブルに。 

不安や緊張をやわらげたいときに。 

呼吸を深くしてくれる(瞑想やヨガなどに)。 
 

* 妊娠中の方は使用を避けましょう。 

* 時間がたっても香りが残ります。希釈したものであっても衣類やタオルなどに付くと、洗濯してもにおいが消えないので注意しながら使いましょう。

 

Karisugi
サンダルウッドは "うつの人" や "気持ちの落ち込みのある人" には使用しないように』というのを見ますが、『抗うつ作用がある』とする意見もあります。

Karisugiも、気持ちの落ち込みがひどいときに嗅いだことがありますが、ますます鬱々とするようなことはありませんでした(むしろ癒された)。
Karisugi
 

 

メディカルアロマに興味のある方におすすめの良書がこちら。使い方やブレンドレシピの参考になります ▼▼

 
 

サンダルウッドとブレンドの相性が良い精油

 

ベルガモット 

レモン 

ネロリ 

ラベンダー 

イランイラン 

ゼラニウム 

クラリセージ 

ローズウッド 

◎ローズ 

◎ジャスミン 

サイプレス 

ジュニパー 

ブラックペッパー 

フランキンセンス 

パチュリ 
 

Karisugi
サンダルウッドの精油は香りの持ちが良いので、ブレンドするときは入れすぎないようにしましょう。フェイスケアやボディトリートメントなどお肌に使う場合は特に。
 

 
 

関連ページ

 

 

 

 

 

-精油一覧