精油一覧

ホーリーフの精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

更新日:

ホーリーフの精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

 

ホーリーフとホーウッドは名前が似ていますが、どちらもクスノキ(亜変種)から採れる精油です。 
 

ホーリーフは芳樟(ほうしょう)の葉からホーウッドは木(材)から採取されます。 
 

ローズウッドの芳香成分と似ているところがあり、値段も手軽なことから、ローズウッドの代わりとして使われることも。 
 

ローズウッドは乱伐のため供給が激減しています。「生活の木」でも以前は取り扱っていたのですが、ついになくなりました。これからはローズウッドの代わりにホーリーフやホーウッドを使う機会が増えるかもしれませんね。
Karisugi
 

ホーリーフにはリナロールという成分が90%前後含まれていて、リラックス効果が高く、ストレスや不安、緊張をやわらげる働きが期待できます。 
 

柑橘系の精油はもちろん、フローラル系やハーブ調の香りなど、どの精油ともブレンドの相性が良く使いやすいです。 
 
 

 
 

ホーリーフの精油|香り、成分、効能、ブレンド相性

 

ホーリーフ

学名:Cinnamomum camphora CT(Linalool)

科名:クスノキ科

抽出部位:葉、枝

抽出方法:水蒸気蒸留法

オイルの色:薄い黄色

 

ラヴィンツァラ、クスノキ、ホーウッドも、学名がCinnamomum camphoraです。リナロール1.8シネオール、カンファーのうち、どの成分を多く含んでいるかで、香りや作用が違ってきます。 
 

このように、同じ学名であっても成分が違う精油をケモタイプと呼んでいます。 
 

ケモタイプについてはこちらでも解説しています。精油を選ぶときの参考までに ↓↓

 
 
 

ホーリーフの香り

 

ローズウッドと香りが似ていて、ウッディーなんだけどフローラル(バラ系)な香りも感じられます。 
 
 

ホーリーフの成分

 

リラクゼーションに役立つリナロールを多く含みます(90%前後)。
Karisugi
 

リナロール 

テルピネン-4-オール 

α-テルピネオール 

β-カリオフィレン 

ネロール 

1.8シネオール 

リモネン 

●γ-カジネン 

●サフロール 
 

 
 
 

ホーリーフの効能

 

鎮静作用。 

抗菌作用。 

抗ウイルス作用。 

抗真菌作用。 

鎮痛作用。 

血圧降下作用。 

デオドラント作用。

防虫作用。 

免疫力アップに。 

ストレスや不安、緊張などをやわらげてくれる。 
 

 
 
 

ホーリーフとブレンドの相性が良い精油

 

オレンジ・スイート 

グレープフルーツ 

ベルガモット 

レモン 

イランイラン 

ゼラニウム 

◎ジャスミン 

ラベンダー 

クラリセージ 

◯サンダルウッド 

パチュリ 

フランキンセンス 

◯ローズ 

ローズウッド 

ティートリー 

ローズマリー・シネオール 
 

 
 
 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

-精油一覧

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.