精油成分一覧

痛み緩和に役立つ「β-ピネン」を含む精油|作用・効果・安全性

痛み緩和に役立つ「β-ピネン」を含む精油|作用・効果・安全性

 

β-ピネンは、グリーン調の香り、ウッディーな香りです。 
 

鎮痛作用、抗炎症作用、ストレス緩和など、α-ピネンと効果が似ているところがあります。 
 

β-ピネンを含む精油や、期待できる効果、安全性についてご紹介していきます。 

 

 

β-ピネンとは

精油成分モノテルペン炭化水素類に分類されます。 

 

β-ピネンの主な作用、期待できる効果

 

抗菌作用 

抗ウイルス作用 

抗炎症作用 

鎮痛作用 

組織再生作用 

コーチゾン様作用 

呼吸器系の不調に 

ストレスを感じているときに 

気分をリフレッシュしたいときに  

空気を爽やかにしたいときに 
 

精油のコーチゾン様作用は、薬品による作用と違って副作用の心配が少なく、作用も穏やかです。
Karisugi
 

β-ピネンを含む精油

 

アカマツ・ヨーロッパ(約27%) 

パイン(約27%) 

レモン(11〜14%) 

ネロリ(8〜11%) 

ブラックペッパー(約11%) 

ジュニパー(2〜9%) 

ラベンサラ(〜9%) 

ベルガモット(6〜8%) 

ローズマリー・シネオール(4〜7%) 

ローレル(〜5%) 

ラヴィンツァラ(〜4%) 

ニアウリ(〜3%) 

ローズマリー・カンファー(〜3%) 

ローズマリー・ベルベノン(〜3%) 

フェンネル(〜2%) 

プチグレン(〜2%) 

マンダリン(〜2%) 

カユプテ(〜2%) 

フランキンセンス(1〜2%) 

サイプレス(1%前後) 

プチグレン(約1%) 

ペパーミント(約1%) 

カモミール・ジャーマン(〜1%) 

カモミール・ローマン(〜1%) 

カルダモン(〜1%) 

コリアンダー(〜1%) 

ジンジャー(〜1%) 

タイム・リナロール(〜1%) 

ティートリー(〜1%) 

バジル(〜1%) 

ユーカリ・ラディアータ(〜1%) 
 

β-ピネンの安全性

お肌に刺激となることがあるので、敏感肌の方は少量から使うことをおすすめします。 
 

β-ピネンの精油に限らず、初めて精油をお肌に使う場合は、必ずパッチテストをして、アレルギーがないかチェックしましょう。 
 
 

今回ご紹介した精油

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-精油成分一覧