精油一覧

ラベンダーの精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

更新日:

ラベンダー

 

ラベンダーは花の甘酸っぱい香りがします。 
 

心や体の様々なトラブルに対応できる「万能精油」と言われ、原液でも使うことができる数少ない精油のうちの1つです。リラックス効果もあり、心地よい眠りへ誘いたいときに使いたい精油です。 
 

オレンジ・スイートとのブレンドの相性がとても良く、眠りのアロマブレンドとして、認知症ケアにも取り入れられるほど。 
 

 

酢酸リナリル」、「リナロール」が主な成分で、鎮静作用、鎮痛作用、抗炎症作用、抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用などがあります。 
 
 

 

ラベンダーの精油|香り、成分、効能、ブレンド相性

 

ラベンダー

学名:Lavandula officinalis

科名:シソ科

抽出部位:花と葉

抽出方法:水蒸気蒸留法

オイルの色:薄い黄色

 
 

ラベンダーの香り

 

花の甘酸っぱい香り。 
 
 

ラベンダーの成分

 

酢酸リナリルとリナロールを多く含み、高いリラックス効果が期待できます。
Karisugi
 

リナロール 

酢酸リナリル 

●酢酸ラバンデュリル 

テルピネン-4-オール 

α-テルピネオール 

●ラバンデュロール 

1.8シネオール 

カンファー 

●cis-β-オシメン 

●trans-β-オシメン 
 

 
 
 

ラベンダーの効能

 

抗菌・抗ウイルス・抗真菌作用。 

抗炎症作用。 

血行促進・発汗作用(老廃物の排出に)。 

鎮痛・鎮痙作用(頭痛、筋肉痛、胃痛、腹痛、リウマチ、神経痛などに)。 

鎮静作用。 

免疫力アップに。 

ニキビ対策や傷の回復を促したいときに。 

頭皮ケアに(薄毛など)。 

怒りやイライラなどをやわらげ、穏やかな気持ちにしてくれる。 

自律神経のバランスを整えたいとき、疲れやストレスを和らげたいときに。 

心地よい眠りが欲しいときに。  
 

・鎮静作用や血圧を下げる働きがあるので、低血圧の人は少し眠くなることがあるかもしれません。 

・妊娠初期の使用は控えましょう。

 

 
 
 

ラベンダーとブレンドの相性が良い精油

 

オレンジ・スイート 

イランイラン 

ベルガモット

レモン 

ゼラニウム 

クラリセージ 

ホーリーフ 

サイプレス 

ティートリー 

スイート・マージョラム 

ペパーミント 

グレープフルーツ 

ネロリ 

ローズウッド 

ローズマリー 

ユーカリ 

フランキンセンス 

レモングラス 
 

 

Karisugi
ラベンダー+オレンジ・スイートは、心を明るくさせるのと同時にリラックス効果も期待でき、睡眠アロマでよくブレンドされる相性の良い精油です。おうちに1本常備してもいいくらい使い勝手が良い精油です。
 
 
 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-精油一覧

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.