精油一覧

フランキンセンスの精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

更新日:

フランキンセンス

 

フランキンセンスの精油は、木の落ち着きのある甘さと、ほのかにレモンのような酸味も含んだ奥深い香りです。 
 

フランキンセンスは「オリバナム」、「乳香」とも呼ばれていて、古代エジプトでは、神への薫香(くんこう)としたり、現在でも寺院や儀式等で薫香として焚かれています。 
 

また、イエス・キリスト誕生の際に捧げられた3つの貢ぎ物のうちの1つとも言われています。なんだか「神聖さ」を感じますね。 
 

ほかにも、美容の面では年齢肌のスキンケアに取り入れられることが多く、ブレンドの幅もある精油。 
 

「パラシメン」、「α-ピネン」、「リモネン」が主な成分で、鎮静作用、炎症をしずめる作用、細胞の成長を促進させる作用などがあります。 
 
 

 

フランキンセンスの精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

 

フランキンセンス

学名:Boswellia carterii

科名:カンラン科

抽出部位:樹脂

抽出方法:水蒸気蒸留法

オイルの色:薄い黄色

 

 
 
 

フランキンセンスの香り

 

木の落ち着きのある甘さと、ほのかにレモンのような酸味も含んだ奥深い香り。

ムエットに付けて1日置くと、お寺や線香を連想させる香りになります。瞑想に取り入れても良いですね。
Karisugi
 
 
 

フランキンセンスの成分

 

高いリラックス効果や免疫力アップが期待できる、モノテルペン炭化水素類が多く含まれています。
Karisugi
 

●パラシメン 

α-ピネン 

β-ピネン 

リモネン 

ミルセン 

β-カリオフィレン 

●α-ツヨネン 

●サビネン 
 

 
 
 

フランキンセンスの効能

 

抗菌作用。 

抗ウイルス作用。 

利尿作用(むくみ、ダイエット)。 

消化促進作用。 

鎮静作用(せき、たん、のどの痛みなど)。 

去痰作用。 

不安な気持ちや寂しい気持ちをやわらげ、癒したり、ココロを落ち着かせてくれる。 

呼吸を深くして、リラックスさせてくれる。 

新しい細胞の成長を促す(しみ・しわ・たるみ、傷ついた肌)。 
 

 
 
 

フランキンセンスとブレンドの相性が良い精油

 

ネロリ 

サンダルウッド 

オレンジ・スイート 

ラベンダー 

ゼラニウム  

◎プチグレン 

レモン 

ローズウッド 

ジュニパー 

パチュリ 

ホーリーフ 

グレープフルーツ 

・シダーウッド

ローズマリー 

クラリセージ 

 

Karisugi
ネロリやサンダルウッドは、特にフランキンセンスとの相性◎。オイルトリートメントやフェイシャルケアで年齢肌のケアにもおすすめです。
 
 
 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-精油一覧

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.