メディカルアロマ

「ハッカ油」と精油の「薄荷(ハッカ)」「ペパーミント」の違い、注意点

更新日:

「ハッカ油」と精油の「薄荷(ハッカ)」「ペパーミント」の違い、注意点

 

ハッカ油はドラッグストアでも売られているので、アロマテラピーで使われる精油と違い、手に入りやすいですよね。 
 

「掃除や虫除けに」、「お風呂に」とすすめられますが、精油と同じように使っていいものなのか、注意点はあるのか、よく知らないまま使っていませんか? 
 

ハッカ油は食品添加物のほか、アロマテラピーとしても使われています。 
 

精油の薄荷(ハッカ)やペパーミントとどんな違いがあるのか、1つずつ見ていきましょう。 
 
 

 
 

「ハッカ油」と精油の「薄荷」、「ペパーミント」の違い

「ハッカ油」と精油の「薄荷(ハッカ)」「ペパーミント」の違い、注意点

 

ハッカ油は「医薬品」扱い、精油は日本では「雑貨」扱いです。ここだけでもだいぶ違いますね。 
 

ハッカ油は皮膚や粘膜への刺激が強いので、全身のオイルトリートメントには使いません。 
 

ただし、使い方次第でアロマテラピーのように、芳香浴や掃除、消臭、虫除けスプレー、部分的にならかゆみ止めや冷湿布として使えます。 
 

 
 
 

ハッカ油

 

◎l-メントール約70〜90%で、精油の「薄荷」や「ペパーミント」よりもメントールを多く含みます。 

◎「食品添加物」の表示があるハッカ油は、お菓子や紅茶の香りづけにも使えます。 

◎精油は「雑貨」ですが、ハッカ油は「医薬品」扱いです。 
 

ハッカ油の定義

ハッカMentha arvensis Linné var. piperascens Malinvaud (Labiatae)の地上部を水蒸気蒸留して得た油を冷却し、固形分を除去した精油。 

本品は定量するとき、メントール(C10H20O:156.27) 30.0%以上を含む。

参照:日本薬局方

 
 
 

薄荷精油

 

●学名:Mentha arvensis 

●科名:シソ科 

●抽出方法:水蒸気蒸留法

●抽出部:全草 

●原産国:日本 

●香り:甘すぎない、スッキリとしたメントールの香りです。 

●成分:l-メントール約50〜65%。 

アロマテラピーで使用されます。 

食べられません。 
 
 

ペパーミント精油

 

●学名:Mentha piperita 

●科名:シソ科 

●抽出方法:水蒸気蒸留法

●抽出部:全草 

●原産国:フランス 

●香り:薄荷よりは甘い爽やかなミントの香りです。 

●成分:l-メントール約30〜50%。 

アロマテラピーで使用されます。 

食べられません。 
 

薄荷(ハッカ)とペパーミントの違いは、同じMentha属ですが、精油の元となる植物自体が違います
薄荷(ハッカ)やペパーミントのスッとしたクールな香りは、メントールという成分によるものです。
Karisugi
 
 
 

「薄荷」から「ハッカ油」になるまで

「ハッカ油」と精油の「薄荷(ハッカ)」「ペパーミント」の違い、注意点

 

ハッカ油の原料「アルベンシスミント」が「精油の薄荷」→「薄荷脳」→「ハッカ油」になるまでの流れを簡単にご紹介します。 
 

「ハッカ油」と「薄荷(ハッカ)」の違いがわかりますよ。 
 

step
1
ハッカの全草を水蒸気蒸留法で抽出

ここで精油「薄荷」が採れる 
 

step
2
抽出した油を冷却して再結晶

冷却してできたメントール成分の結晶が「薄荷脳 

ほぼメントール成分でできており、湿布などの医薬品、食品、化粧品にも使われています。 
 

step
3
さらに薄荷脳を取り除く

ここで「ハッカ油」が採れる 
 

ステップ1のように水蒸気蒸留して得られたものが「精油の薄荷」ですね。
ステップ2からの、【冷却してさらに薄荷脳を取り除】くといった工程を経ているハッカ油は、メントールのスキッとした香りがより際立っています。
Karisugi
 

 
 
 

「ハッカ油」と精油の「薄荷(ハッカ)」「ペパーミント」の注意点

「ハッカ油」と精油の「薄荷(ハッカ)」「ペパーミント」の違い、注意点

 

注意!!

原液のまま肌につけないようにしましょう。 
 
パッチテストをして肌に異常がないか確認してから使いましょう。 
 
アロマバスや部分的に塗る場合は、ホホバオイルなどと混ぜて使いましょう。 
 
刺激が強いので、敏感肌など肌が弱い方は、混ぜて使う場合であっても量を少なめにしましょう。 
 
妊産婦、乳幼児、てんかんの方は使用を控えましょう。 
 
目の近くや粘膜には使わないようにしましょう。 

  
 
 

まとめ

ハッカ油は医薬品扱い、薄荷やペパーミント精油は雑貨扱いというのも違いの1つです。 
 

また、食品添加物としてのハッカ油は香りづけなどに使えますが、薄荷やペパーミントは食べられません。 
 

ハッカ油、薄荷、ペパーミント共通の注意点は、 

※使う前に必ずパッチテストをして、肌に異常がないか確認すること。 

※原液で使用しないこと。 

※皮膚や粘膜への刺激が強いので、敏感肌の人は全身のオイルトリートメントに使わないこと。 

です。 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-メディカルアロマ

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.