精油一覧

ティートリーの精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

更新日:

ティートリー

 

ティートリーの精油は、木のフレッシュでスッキリとした香りです。人によっては薬のようなにおいだと感じるようです。 
 

ティートリーはオーストラリアの先住民たちが、感染症や皮膚の傷などの治療に昔から用いているほど、「清める」という働きに優れています。今でも感染症対策のアロマクラフト作りには欠かせない精油です。 
 

抗菌・抗ウイルスなど感染症対策のほかに、抗真菌作用というカビに対する働きもあります。 
 

 

また、部分的に、少量でなら原液で使ってもOK。 
 

ティートリーと同じく感染症対策に強い精油とブレンドすることで、相乗効果も期待でき、常備しておきたい精油の1つです。 
 

テルピネン-4-オール」、「γ-テルピネン」、「α-テルピネン」、「1.8シネオール」が主な成分で、抗菌・抗ウイルス・抗真菌・抗炎症作用、鎮痛作用などがあります。 
 
 

 

ティートリーの精油|香り、成分、効能、ブレンド相性

 

ティートリー

学名:Melaleuca alternifolia

科名:フトモモ科

抽出部位:葉

抽出方法:水蒸気蒸留法

オイルの色:透明

 

 
 
 

ティートリーの香り

 

木のフレッシュでスッキリとした香り。人によっては薬のようなにおいだと感じる。 
 
 

ティートリーの成分

 

抗菌、抗ウイルス、抗真菌作用の働きを持つ、モノテルペン炭化水素類とモノテルペンアルコール類を多く含みます。
Karisugi
 

テルピネン-4-オール 

α-テルピオール 

●α-テルピネン 

●γ-テルピネン 

α-ピネン 

β-ピネン 

ミルセン 

1.8シネオール 
 

 
 
 

ティートリーの効能

 

抗菌作用。 

抗ウイルス作用(風邪・ウイルス対策に)。 

抗真菌作用(カビ、水虫に)。 

抗カタル作用(鼻水・鼻づまりなどに)。 

抗炎症作用(日焼け、やけど、切り傷、吹き出物などに)。 

虫刺されなどのかゆみを抑える働き。 

体を温める働き。 

免疫力アップに。 

頭皮の乾燥、フケ、かゆみに。 
 

・原液で使用できますが、狭い範囲で少量にとどめましょう。

・肌を刺激することがあるα-テルピネンを含むので、敏感肌の人は少量から使って様子を見ましょう。

 

 
 
 

ティートリーとブレンドの相性が良い精油

 

レモン 

ユーカリ(グロブルスラディアータ) 

ローズマリー(シネオールカンファー) 

ペパーミント

ラベンダー  

グレープフルーツ  

サイプレス 

ホーリーフ 

オレンジ・スイート

レモングラス 

 

Karisugi
レモンやユーカリ、ローズマリーは、特にティートリーとの相性が良いです。ティートリーだけだと香りがキツイと感じる方は、ほかの精油とブレンドすることで香りがやわらかくなり使いやすくなりますよ。
 
 
 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-精油一覧

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.