精油一覧

ジャスミン精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

ジャスミン精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

 

ジャスミンは重厚で深みのある花の香りで、「精油の王様」に例えられています。 
 

香りが強く、また、加熱すると香りが変化することから、アロマバスや加熱式ディフューザーには適していません。また、溶剤抽出法で抽出しているので、皮膚に刺激になることがあります。 
 

ジャスミン精油の使い方としては、低濃度でのスキンケアやオイルトリートメント(敏感肌の方は要注意)、アロマスプレー作り、香水作り、加熱せずに使える芳香器の使用(ティッシュに1滴垂らして嗅ぐだけでもOK)などがおすすめです。 
 

どの精油の香りともブレンドしやすいですが、先ほどもお伝えした通り、香りが強いので、ブレンドする際はごく少量で試してみると良いですよ。 

 

 

ジャスミン精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

学名:Jasminum officinale
   Jasminum grandiflorum

科名:モクセイ科

抽出部位:花

抽出方法:溶剤抽出法

オイルの色:濃いオレンジ色

 
 

ジャスミンの香り

重厚で深みのある花の香り。 
 
 

ジャスミンの成分

 

● 酢酸ベンジル 

● 安息香酸ベンジル 

● フィトール 

● イソフィトール 

リナロール 

● α-ファルネセン 

● オイゲノール 

● ジャスモン 

● インドール 他 
 

 
 

ジャスミンの効能、禁忌

 

鎮静作用。 

抗うつ作用。 

抗炎症作用。 

鎮痛。 

分娩促進作用(子宮の収縮促進、苦痛の軽減に)。 

ホルモン調整作用。 

加温作用。 

皮膚軟化作用。 

催淫作用。 

眠れないときに。 

気分を明るくしたいときに。 
 

* 集中したいときは使用を控えましょう。 

* 溶剤抽出法のため、皮膚に刺激になる場合があります。敏感肌の方で皮膚に使用する場合は注意しましょう(要パッチテスト)。

* 香りが強いので、ブレンドする際は低濃度に留めましょう。

 

 
 

ジャスミンとブレンドの相性が良い精油

 

オレンジ・スイート 

グレープフルーツ 

ベルガモット 

レモン 

マンダリン 

プチグレン 

ネロリ 

◎ カモミール(ジャーマンローマン) 

イランイラン 

ゼラニウム 

ローズ 

ラベンダー 

クラリセージ 

サンダルウッド 

ローズウッド 

フランキンセンス 
 

 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-精油一覧