メディカルアロマ

「ミルセン」を含む精油|作用・効果・安全性

精油に含まれる量は少なめな「ミルセン」|作用・効果・安全性

 

ミルセンには、α-ミルセンとβ-ミルセンがありますが、α-ミルセンは天然には存在しません。 
 

なので、精油の成分分析表に「ミルセン」と表示されているものは、「β-ミルセン」を意味します。 
 

香りは、「ツンとする」、「溶剤のにおい」、「ウッディー」、「トロピカルフルーツのよう」などと表現されます。 
 

鎮痛作用やリラックス効果、肌のアンチエイジング効果などが期待できます。 
 
 

 

ミルセンとは

精油成分モノテルペン炭化水素類に分類されます。 

参考ページ精油成分まとめ【karisugi blog内】 
 
 

ミルセンの主な作用、期待できる効果

 

抗菌作用 

抗ウイルス作用 

抗炎症作用 

鎮痛作用 

鎮静作用 

肌のしわ、たるみなどに 

気持ちを強く持ちたい、明るくしたいときに 

リラックスしたいときに 

なかなか寝付けないときに 
 

参考ページ精油でシミ・シワ・くすみ・たるみを集中ケア【年齢肌アロマケア】 

参考ページラベンダーなしでもぐっすり?無印良品【おやすみブレンド】の効果 
 
 

ミルセンを含む精油

 

ジュニパー(4〜7%) 

ローズマリー・カンファー(〜4%) 

フランキンセンス(4〜6%) 

サイプレス(〜3%) 

ラヴィンツァラ(〜2%) 

ローズマリー・シネオール(〜2%) 

オレンジ・スイート(1〜2%) 

グレープフルーツ(約2%) 

ネロリ(2%前後) 

ティートリー(約1%) 

パルマローザ(〜1%) 

ブラックペッパー(〜2%) 

ユーカリ・グロブルス(〜1%) 

ユーカリ・ラディアータ(〜1%) 
 
 

ミルセンの安全性

 

安全性は高いです。 
 

ですが、初めて精油をお肌に使う場合は、必ずパッチテストをして、アレルギーがないかチェックしましょう。 
 
 

今回ご紹介した精油

 

 

 

 

 

 

-メディカルアロマ