虫(蚊)除け・虫(蚊に)刺され

虫刺されに、ハッカ油とラベンダーで作るかゆみ止めクリーム

虫刺されに、ハッカ油とラベンダーで作るかゆみ止めクリーム

 

蚊刺され後のかゆみなどに、ハッカ油とラベンダーを混ぜた、肌に優しい手作りのかゆみ止めクリームをご紹介します。 
 

ラベンダーやクリームと混ぜると、ハッカ油の強い清涼感と香りがいくらかやわらぐので、スースーするのが苦手なお子さんにもオススメです♪ 
 
 

 

ハッカ油+ラベンダーで作るかゆみ止めクリーム|作り方

虫刺されに、ハッカ油とラベンダーで作るかゆみ止めクリーム

 

ハッカ油だけで作っても良いのですが、今回はラベンダーとブレンドしてみました。 
 

ラベンダーには抗菌作用、殺菌消毒作用、抗炎症作用などがあり、肌への原液使用ができる数少ない精油の1つでもあります。 
 

ちなみにアロエキスも虫さされ後のかゆみに役立ちます。使用感の好みは人それぞれなので、お好きなものを試してみてください☆  
 

 

Karisugi
お肌に使う前にパッチテストをして、かぶれなど肌トラブルがないか確認しておきましょう!
 
 

材料

ハッカ油:3滴 

ラベンダー:3滴 

ソンバーユ(ワセリンも可):10g 

●ヘラかスプーン(クリームを容器に移す時に使います。) 

●つまようじ(クリームをかき混ぜる時に使います) 

保存容器10g対応:材質がガラス製か、ポリスチレン以外のプラスチック容器(100均のものでもOK) 

材質がポリスチレン(PS)のものは避けましょう。 

>>精油はプラスチックを溶かす?100均の容器はアロマで使っちゃダメ?

 

Karisugiは「デイリーディライト」の使い終わったリップバーム容器を再利用しています!ピッタリ10g入るので使いやすいし、見た目も可愛いのでお気に入りです!
Karisugi
 
 

■ 作り方 

1. 容器に10g分のソンバーユを入れる。 

2. ハッカ油3滴、ラベンダー3滴を垂らす。 

3. つまようじでぐるぐるかき混ぜる。 
 

これで出来上がりです! かゆい場所に少量ずつぬります。 
 

ラベンダーと混ぜたことで、ハッカ油の強い清涼感と香りがいくらかやわらいでいます。かゆみも気にならなくて、かきむしることもないので赤みもちょっとずつ引いてきました! 
 

だいたいのサイトを見るとワセリンで希釈していますが、ソンバーユもアロマテラピーの基材として使えるんですよ♪ 
 

 

今回使ったハッカ油とソンバーユは口に入っても大丈夫なものなので、小さいお子さんにも使いたいときはラベンダー抜きで作ってみるといいですね。 
 

ただし、目のまわりや粘膜には刺激が強いので避けましょう! 
 

手を汚したくないときは、かゆい場所にコロコロするだけのロールオンボトルも作れます! ↓↓

 
 
 

今回ご紹介した材料

 

 

 

 

 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-虫(蚊)除け・虫(蚊に)刺され