精油一覧

レモングラス精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

レモングラス精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

 
レモングラス精油は、少し草っぽい香りを残しつつも、甘く爽やかなレモンの香りがします。 
 
この香りをかぐと、ローズと同じように、幸福感を感じている時に分泌されるドーパミンが出されることがわかっています。 
 
気分を上げたいときに役立ちそうですね。 
 
また、筋肉痛などの痛みをやわらげたり、消化を助ける働きがあるので、自作のアロマオイルでトリートメント(マッサージ)するのもおすすめです。 
 
ただし、肌への刺激に注意しないといけないので、使う量は少なめに・・・。 
 
シトラール」が主な成分で、抗ウイルス作用、抗真菌作用、抗炎症作用、鎮痛・鎮静作用、免疫強壮作用などがあります。 

 

 

レモングラス精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

学名:cymbopogon citratus

科名:イネ科

抽出部位:葉

抽出方法:水蒸気蒸留法

オイルの色:薄い黄色

 
 

レモングラスの香り

精油の香り

少し草っぽい香りを残しつつも、甘く爽やかなレモンの香り。 

葉から抽出したと思えないくらいレモンの香りが強い☆ 午前中の眠気もこれで吹き飛びます。頭がスッキリして集中できるので、勉強や仕事のお供にぴったりですよ♪
Karisugi
 
 

レモングラスの成分

精油の成分

アルデヒド類のシトラール(ゲラニアールとネラールを合わせたもの)を多く含みます。抗ウイルス作用や免疫強壮作用、鎮静・鎮痛作用などがあります。
Karisugi
 

シトラール 

シトロネラール 

ゲラニオール 

シトロネロール 

ネロール 

リナロール 

● 酢酸ゲラニル 

β-ミルセン 

リモネン 

β-カリオフィレン 

 
 

レモングラスの効能

精油の効果、効能

抗菌作用。 

抗ウイルス作用。 

抗真菌作用(水虫に)。 

免疫強壮作用。 

鎮痛作用(肩こり、筋肉痛などに)。 

健胃作用があり、副交感神経の働きも助けるので、消化不良や食欲不振に役立つ。 

疲労回復に。 

虫除けに。 

デオドラント作用。 

精神的な疲労の回復を助け、気持ちを高ぶらせてくれる(明るい気持ちになりたい時に)。 

* 緑内障の方は使用を避けましょう。 

* 皮膚に刺激になる場合があるので、敏感肌の方は少量から試しましょう。

 

メディカルアロマに興味のある方におすすめの良書がこちら。使い方やブレンドレシピの参考になります ▼▼

 
 

レモングラスとブレンドの相性が良い精油

ブレンドの相性が良い精油

ベルガモット 

レモン 

シトロネラ・ジャワ 

スイート・マージョラム 

カルダモン 

クローブ 

コリアンダー 

ブラックペッパー 

ジンジャー 

ジュニパー 

プチグレン 

アカマツ・ヨーロッパ 

シダーウッド・アトラス 

ラベンダー 

ゼラニウム 

ネロリ 

ローズウッド 

ペパーミント 

ティートリー 

◎ ユーカリ(グロブルスシトリオドララディアータ) 

ローズマリー 

ミルラ 
 

Karisugi
レモングラスは香りが強く、肌刺激があることを考慮し、使う際は1滴から試してみることをおすすめします。ほかの精油とブレンドする際も同様です。
 

 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

-精油一覧