メディカルアロマ

「テルピネン-4-オール」を含む精油|作用・効果・安全性

「テルピネン-4-オール」を含む精油|作用・効果・安全性

 

テルピネン-4-オール(テルピネンヨンオール)は、グリーン調のツーンとした香りです。 
 

抗菌・抗ウイルス作用、コーチゾン用作用など、感染症対策やストレス緩和に役立つテルピネン-4-オール(テルピネンヨンオール)の効果や安全性、どの精油に多く含まれているのかご紹介していきます。 
 
 

 

テルピネン-4-オールとは

精油成分モノテルペンアルコール類に分類されます。 

参考精油成分まとめ【karisugi blog内】 
 
 

テルピネン-4-オールの主な作用、期待できる効果

 

抗菌作用 

抗ウイルス作用 

抗真菌作用 

抗炎症作用 

免疫調整作用 

コーチゾン様作用 

緊張をやわらげたいときに 

自律神経のバランスを整えたいときに 
 

人体が様々な外的ストレスを受けたときに、身体を守ろうと放出されるのが、コーチゾンというホルモンです。このコーチゾンに似た働きを持っていることをコーチゾン様作用といいます
Karisugi
 
 
 

テルピネン-4-オールを含む精油

 

ティートリー(40%前後)

スイート・マージョラム(20〜30%) 

ラヴィンツァラ(3%前後) 

ラベンサラ(3%前後) 

ラベンダー(3%前後) 

ユーカリ・ラディアータ(2%前後) 

ジュニパー(〜2%) 

サイプレス(〜1%) 

ホーリーフ(〜1%) 
 
 

テルピネン-4-オールの安全性

 

刺激や毒性はありませんが、初めて精油をお肌に使うときは、必ずパッチテストをして、アレルギーがないかチェックしましょう。 
 
 

今回ご紹介した精油

 

 

 

 

 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-メディカルアロマ