肌トラブル

日焼け後のアロマケアに、ラベンダーとペパーミント、どう使う?

日焼け後のアロマケアに、ラベンダーとペパーミント、どう使う?

 

日焼けをした肌は、やけどをした状態と同じようなものです。 
 

こんなときは、抗炎症作用や冷却作用のあるラベンダー、ペパーミントの精油を使ったアロマケアが役に立ちます。 
 

また、日焼けによる肌の炎症や乾燥は、シミやシワの原因にもなるので、炎症が落ち着いたら、ダメージを受けた肌を回復させるケアもあわせて行うと良いですよ。 

 

 

日焼け後のアロマケアに、ラベンダーとペパーミント、どう使う?

日焼け後のアロマケアに、ラベンダーとペパーミント、どう使う?

日焼けした肌は、やけどをしたのと同じような状態です。 
 

まずはヒリヒリした肌を落ち着かせるために、ラベンダーとペパーミントの精油を使います。 
 

冷湿布 → アロマスプレー → アロマオイルの順でケアするのが理想的ですが、日焼けした範囲が広範囲だと冷湿布は大変かもしれません。その場合は、ぬるめのシャワーで体を洗い流した後、アロマスプレーで何度もスプレーすると良いですよ。 
 

日焼け直後は冷湿布、アロマスプレーで肌をクールダウン

冷湿布は、水を張ったタライの中に、ラベンダーとペパーミントを1滴ずつたらし、タオルを入れて絞ったら、日焼けした肌にあてて冷やします。 

これを体のほてりが落ち着くまで何度かくり返します。精油は追加しなくて大丈夫です。 

冷湿布のあとに、日焼け用アロマスプレーを肌に使います。 
 

日焼け用アロマスプレーの材料

● グリセリン:3ml 

● 精製水:27ml 

ラベンダー精油:8滴 

ペパーミント精油:1滴 

● 30mlスプレー容器(遮光ガラス推奨) 

 

 

 

 
 

日焼け用アロマスプレーの作り方

1. スプレー容器にグリセリンを入れたら、ラベンダーとペパーミントの精油を入れて、左右に軽く振り混ぜます。

2. 1に精製水を入れたらふたをして、上下にしっかり振り混ぜます。これで完成です。 
 

日焼け用アロマスプレーの使い方

日焼けした肌にスプレーします。「1日に◯回」という制限はないので、何度でもスプレーしてOKです。冷蔵庫で冷やしてから使っても気持ち良いですよ。よく振ってからスプレーしてください。 

作ったアロマスプレーは冷暗所で保管(冷蔵庫保管OK)し、1ヶ月以内に使い切りましょう。

お肌に異常がある場合は使用を中止し、流水かぬるま湯で洗い流してください。

 

 

 
 

肌の炎症が落ち着いたら、アロマオイルで乾燥した肌を保湿

肌の赤みやヒリヒリ感が落ち着いたタイミングで行いたいのが、手作りアロマオイルの塗布です。日焼けした肌はひどく乾燥し、シミやシワになりやすい状態なので、しっかり肌を保湿しましょう。 
 

日焼け用アロマオイルの材料

● ホホバオイルorスイートアーモンドオイル:30ml 

ラベンダー精油:5滴 

ペパーミント精油:1滴 

● 30mlオイルボトル容器(遮光ガラス推奨) 

 

 

 
 

日焼け用アロマオイルの作り方

1. オイルボトル容器にホホバオイルorスイートアーモンドオイルを入れます。

2. 1にラベンダーとペパーミントの精油を入れたらふたをして、上下にしっかり振り混ぜます。これで完成です。 
 

日焼け用アロマオイルの使い方

日焼け後の肌に、少量ずつ薄くのばすように塗布します。これも「1日に◯回」という制限はないので、何度でも塗布してOKです。使う前によく振ってください。 

作ったアロマオイルは冷暗所で保管し、2ヶ月以内に使い切りましょう。

ホホバオイルは冷蔵庫で保管するとガッチリ固まってしまうので、冷暗所で保管しましょう。

お肌に異常がある場合は使用を中止し、流水かぬるま湯で洗い流してください。

 

 
 

その他、日焼け後のアロマケアにおすすめの精油

肌老化の原因の7割は紫外線による光老化といわれていますが、この光老化対策には抗酸化作用のある精油が効果的。ラベンダーのほか、パルマローザジュニパーネロリ、プチグレンがそれにあたります。
(参照:<香り>はなぜ脳に効くのか〜アロマテラピーと先端医療) 
 

そこに、フランキンセンスゼラニウムレモンをブレンドすることで、肌の回復やエイジングケアにも役立つので、手作りアロマオイルにして日焼け後の肌に塗布すると良いですよ。 

 

日焼け直後のヒリヒリした肌には、ラベンダーとペパーミントを。
落ち着いてきたら、フランキンセンス、ゼラニウム、ラベンダー、レモンで傷ついた肌の修復を。と使い分けても良いですね。
Karisugi
 
 

クレイパックで日焼け後のシミ・シワ対策

日焼けによるシミ・シワ対策に取り入れたいのがクレイパック。 

週1回のスペシャルケアにおすすめです。 

 
 

まとめ

日焼けした肌は、ただ冷やすだけじゃなく、その後のケアも大事。 
 

日焼けによるほてりや肌の乾燥、シミ・シワ対策に、アロマケアを取り入れてみてはいかがでしょう。 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

-肌トラブル