精油一覧

ヘリクリサム(イモーテル)精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

ヘリクリサム

 
ヘリクリサム(イモーテル)は『カレープラント』、『エバーラスティングフラワー』とも呼ばれ、乾燥させても花の色や形が変わりにくいことから、『永遠の若さを象徴する花』とも言われています。 
 
ヘリクリサム(イモーテル)精油は、少し独特の香りで、ウッディーで甘さがあります。 
 
成分はエステル類の「醋酸ネリル」を多く含みますので、使用を控えるべき人は注意してください。 
 
どちらかというと、精神面より身体面に働きかける精油という印象です。血行促進のはたらきや、血腫抑制作用などの効能が注目されています。 
 
また、年齢肌(シワ・たるみ・くすみなど)にも役立つので、普段のフェイスケアに取り入れることもできます。 
 
ほかの精油とブレンドするときは、柑橘系、ハーブ系、樹脂系との相性が良くおすすめです。 

 

 

ヘリクリサム(イモーテル)精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

学名:Helichrysum italicum

科名:キク科

抽出部位:花と葉

抽出方法:水蒸気蒸留法

オイルの色:薄い黄色

 
 

ヘリクリサム(イモーテル)の香り

ウッディーで独特の甘い香り。 
 
 

ヘリクリサム(イモーテル)の成分

 

エステル類の醋酸ネリル、テルペン系炭化水素類のα-ピネンを多く含みます。
Karisugi
 

● 醋酸ネリル  

α-ピネン 

● γ-クルクメン 

β-カリオフィレン 

● イタリセン 

● α-セリネン 

● β-セリネン 

● γ-クルクメン 

ネロール 

リモネン 

● α-コパエン 

● β-ジオン(イタリジオン) etc... 
 

 
 

ヘリクリサム(イモーテル)の効能

 

血腫抑制作用(アザ、打撲に)。 

血液凝固阻止作用。 

うっ滞除去作用。 

血行促進作用。 

肝臓の機能調整。 

抗炎症作用。 

抗カタル作用(鼻水、たんなどに)。 

抗痙攣作用。 

眼の疲れ。 

鎮痛作用(頭痛・筋肉痛・神経痛・関節痛に)。 

鎮静作用(緊張やストレスに)。 

皮膚の傷を癒したり、細胞の成長を促す(年齢肌、ニキビなどに)。 

β-ジオンには血腫抑制作用、血液凝固阻止作用があります。
Karisugi

* 妊娠中・授乳中・乳幼児、てんかんの方は使用を避けましょう。 

* キク科アレルギーのある方は慎重に使ってください。

 

 

メディカルアロマに興味のある方におすすめの良書がこちら。使い方やブレンドレシピの参考になります ▼▼

 
 

ヘリクリサム(イモーテル)とブレンドの相性が良い精油

 

◎ ローズマリー(ベルベノンシネオールカンファー) 

オレンジ・スイート  

グレープフルーツ 

レモン 

ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ) 

イランイラン 

ゼラニウム 

ネロリ 

ラベンダー 

ペパーミント 

サイプレス 

シダーウッド・バージニア 

ジュニパー 

ブラックペッパー 

フランキンセンス 

レモングラス 
 

Karisugi
ヘリクリサム(イモーテル)特有の甘い香りが苦手だというときは、柑橘系やフローラル系の精油とのブレンドがおすすめ。
ただ、香りの好みや感じ方は人それぞれなので、無理に使うことはありません。精油はほかにもたくさんありますよ♪
 

 
 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

-精油一覧
-,