精油一覧

クローブ精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

クローブ精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

 

クローブは、クローブバッドとも呼び、和名はチョウジです。 
 

香りはスパイシーで刺激的。 
 

刺激が強めなので、オイルトリートメントで使う場合は低濃度(0.5%以下)での使用がおすすめです。香りが嫌でなければ、消化不良による胃もたれなどに芳香浴も◎。 
 

「オイゲノール」という成分を多く含み、抗菌・抗真菌作用に優れています。ハウスキーピングに、芳香浴や手作りアロマスプレーを取り入れてみると良いですよ。 

 

 

クローブ精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

学名:Eugenia caryophyllata
   Eugenia caryophyllus

科名:フトモモ科

抽出部位:花の蕾

抽出方法:水蒸気蒸留法

オイルの色:薄い黄色

 
 

クローブの香り

スパイシーで刺激的な香り。わずかに甘さもある。 
 
 

クローブの成分

 

フェノール類のオイゲノールを多く含みます。
Karisugi
 

● オイゲノール 

● 酢酸オイゲニル 

β-カリオフィレン 

● カリオフィレンオキサイド 

● α-フムレン 他 
 

 
 

クローブの効能、禁忌

 

抗菌作用。 

抗真菌作用。 

抗ウイルス作用。 

抗炎症作用。 

鎮痛作用。 

鎮痙攣作用。 

消化促進作用。 

血圧上昇作用。

免疫刺激作用。 

駆風作用。 

害虫よけに。 

歯が痛いときに。 

集中したいとき、元気になりたいときに。 
 

* 妊娠中・授乳中の方は使用を避けましょう。 

* 皮膚に刺激になる場合があるので、敏感肌の方は少量から試しましょう。

 

 

メディカルアロマに興味のある方におすすめの良書がこちら。使い方やブレンドレシピの参考になります ▼▼

 
 

クローブとブレンドの相性が良い精油

 

オレンジ・スイート 

グレープフルーツ 

レモン 

イランイラン 

ラベンダー 

ローズ 

クラリセージ 

フランキンセンス 

フェンネル 

ローレル 

ペパーミント 

ローズマリー・シネオール 
 

 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-精油一覧