メディカルアロマ

ストレス緩和とリラックス効果をもたらす「リナロール」|作用・効果・安全性

更新日:

リナロール

 

ローズウッドやゼラニウム、ベルガモットなどの精油に多く含まれているのが、「リナロール」という成分です。 
 

リナロールはリラックス効果が高く、ストレスやイライラ、精神的な疲れや緊張、不安感をやわらげたいときに役立ちます。 
 

癒し、リラクゼーションといえばラベンダーの精油を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 
 

フレッシュな甘い香りはストレスや不安を緩和し、リラックスさせてくれます。 
 

「リナロールを嗅がせたマウスの不安が軽減したり、リラックス効果をもたらす」という実験結果もあります。 

参照:鹿児島大学|【研究結果】「香り」が不安を軽減する脳の仕組みを発見) 
 
 

 

リナロールとは

精油成分モノテルペンアルコール類に分類されます。 
 
 

リナロールの主な作用、期待できる効果

 

抗菌作用 

抗ウイルス作用 

鎮静作用 

抗真菌作用 

免疫力の向上 

血圧降下作用 

抗不安作用 
 

鎮静作用・血圧降下作用があるので、低血圧の方や、集中したいときには、多量に使わないようにしましょう。
Karisugi

 
 
 

リナロールを含む精油

 

ホーリーフ(ホーウッド)(90%前後) 

ローズウッド(80〜90%) 

タイム・リナロール(70〜80%) 

ネロリ(30〜40%) 

ラベンダー(30〜40%) 

クラリセージ(20〜30%) 

イランイラン(10〜20%) 

ベルガモット(10〜20%) 

ゼラニウム(〜10%) 

ラベンサラ(〜5%) 

ジャスミン(〜4%) 

パルマローザ(〜3%) 

レモングラス(〜3%) 

オレンジ・スイート(〜1%) 

スイート・マージョラム(〜1%) 

ラヴィンツァラ(〜1%) 

ローズマリー(シネオールカンファー)(〜1%) 
 

Karisugi
リナロールを1番多く含有するのがホーリーフやホーウッドの精油(90%前後)、次にローズウッドの精油(80〜90%)です。
次いでラベンダー、クラリセージ、イランイランも、リナロールを多く含みます。
 
 
 

リナロールの安全性

 

毒性はありません。ただ、ベルガモットには光毒性があるので、心配な方は「ベルガモットFCF(フロクマリンフリー)」をおすすめします。 
 

ベルガモットFCFとは、光毒性を起こす「フロクマリン」という成分を取り除いた精油です。
 

ちなみにリナロールを多く含むホーリーフ(ホーウッド)、ローズウッドは、作用が穏やかで他の精油とブレンドの相性も良く使いやすいです。 
 

ストレスやリラクゼーションに役立つ成分「リナロール」ですが、多量に使えば良いというわけではありません。
むしろふわりと香るくらいの方が、心地よく感じられますよ。
Karisugi
 
 
 

今回ご紹介した精油

 

 

 

 

 

 

 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-メディカルアロマ
-

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.