アロマの基礎

セルフリンパケアのやり方【手順イラスト付き】

セルフリンパケアのやり方【手順イラスト付き】

 
日常のセルフケアに、自分でできるセルフリンパケアのやり方を、簡単な手順イラスト付きでご紹介します。 
 
セルフリンパケアには、心身の疲れやストレスからの回復を助けたり、深いリラクゼーション効果が期待できます。 
 
また、リンパを流すことで、むくみや血行不良の改善など美容にもたくさんのメリットがあるんです。 
 
今だけじゃなく、この先の自分のために、美容や健康維持のセルフケアとして取り入れてみてはいかがでしょう。 

 

 

セルフリンパケアの効果

セルフリンパケアのやり方【手順画像付き】

耳のまわり、首の付け根、脇の下、太ももの付け根付近で、風邪などの感染症にかかると、グリッとしたしこりがわかるくらい腫れて痛むことがありますが、これがリンパ節です。 
 
リンパ節が病原体と戦っているか、この部分に老廃物や毒素が溜まっていると、腫れて痛むことがあります。  
 
リンパ節とは、リンパ管が合流する部分にある豆状のもので、形も大きさも場所によって様々。これが全身におよそ800箇所あると言われています。 
 
リンパは皮膚のすぐ下にあり、心臓のようなポンプ機能はないため、その流れはとてもゆるやか。力をこめず皮膚をさするだけでも流れが良くなるので、ケア後の効果を実感しやすいんです。 

セルフリンパケアの効果

  • 心身の疲れやストレスをやわらげて、深いリラクゼーションへ導いてくれる。
  • 新陳代謝がアップすることで、運動時の脂肪燃焼をサポートしてくれる。
  • 老廃物を効果的に排出することで、むくみや便秘が解消され、肌へも良い影響を与えてくれる。
  • 首・肩のこりや腰痛をやわらげてくれる。
  • 自律神経やホルモンバランスを整えてくれる。
  • 免疫力アップが期待できる。
  • つらい冷えがやわらぐことが多い。
  • 体質改善に役立つ。

リンパケアを始める前の準備&注意点

リンパケアを始める前の準備&注意点

準備&注意事項

  • リンパケアを行う前に、使うキャリアオイル、または精油に対してアレルギーがないか確認するため、パッチテストをして、肌に異常がないか事前にチェックしましょう。
  • リンパケアの前後に水分をとりましょう。
  • リンパケアに使うオイルは肌トラブルを起こしにくいホホバオイルスイートアーモンドオイルがおすすめです。
  • 湿疹やニキビがひどい場合は控えましょう。
  • 飲酒後、体調が悪いとき、疲れがひどいときは控えましょう。
  • 妊娠中(医師の承諾が必要)、生理中は控えましょう。
  • 感染症、発熱、怪我、腫れがある場合は控えましょう。
  • 重度の疾患(がん、糖尿病、腎疾患、心臓疾患、伝染病など)、進行した静脈瘤がある場合は控えましょう。

 

また、熱がある・寒気がする・具合が悪いなど風邪のまっただ中でリンパケアをするのは、かえって風邪を悪化させる原因になります。 
 
風邪の原因はウイルスですが、そのウイルスと戦っているのがリンパです。戦っている最中にリンパケアをすると、リンパの流れに乗ってウイルスまで全身に流れてしまい、症状が悪化することもあります。 
 
明らかに調子が悪いときは、リンパケアは控えましょう。 

風邪のひき始めに見られる肩や背中のコリについても、リンパケアをするより、首や肩を温めたり、暖かい服装をするほうが良いですね。
Karisugi

セルフリンパケアのやり方【手順イラスト付き】

今回ご紹介するセルフリンパケアは、10〜20分程度でできる簡単なものです。 
 
『もっと詳しいやり方を知りたい』『家族にもやってあげたい』という方は、資格講座などで学んでみることをおすすめします。

 

リンパを流すときは、鎖骨 → 両腕 → お腹 → 足の付け根 → 両足の順番で進みます。 

step
1
100円玉くらいの量のオイルを手に取り、手で温めてなじませたら、鎖骨に塗ります。

step
2
鎖骨を流すときは、鎖骨を人差し指と中指で挟むようにして、中心から肩先に向かって流します(10回)。

セルフリンパケアのやり方

自分が気持ち良いと思う圧で流してみましょう。 
 

step
3
100円玉くらいの量のオイルを手に取り、手で温めてなじませたら、腕全体にオイルを塗ります。

step
4
手のひらで、手首から肩に向かって流していきます(腕の内側・外側 各5〜10回)。

セルフリンパケアのやり方

step
5
二の腕をギュッギュッとつかむようにしながら脇まで流していきます(5〜10回)。

セルフリンパケアのやり方

 

step
6
100円玉くらいの量のオイルを手に取り、手で温めてなじませたら、お腹に塗ります。

step
7
少しだけ圧を加えながら、お腹を時計回りに流します(5〜10回)。

セルフリンパケアのやり方

step
8
脇腹のお肉をおへその中心に集めるような気持ちで流します。これを左右交互に行います(各5〜10回)。

セルフリンパケアのやり方

step
9
手のひらで、みぞおち辺りからおへその下に向かってゆっくり流します(10回)。

セルフリンパケアのやり方

特にお腹には、たくさんのリンパが集まっています。お腹のリンパを流すことで、内蔵脂肪が燃えやすくなり、新たな脂肪がつきにくくなります。体の冷えや便秘解消にもおすすめです。 

step
10
両手のひらで、足の付け根を矢印の方向に流します(5〜10回)。

セルフリンパケアのやり方

 

step
11
500円玉くらいの量のオイルを手に取り、手で温めてなじませたら、脚全体に塗ります。左右どちらから始めてもOKです。

セルフリンパケアのやり方

step
12
手のひらで足首から膝裏に向かってさするように流します(5〜10回)。

セルフリンパケアのやり方

step
13
足首から膝裏まで、ゆっくりしぼるようにしながら流します(5〜10回)。

セルフリンパケアのやり方

step
14
膝裏を握りこぶしで上下左右にグリグリします(5〜10回)。

セルフリンパケアのやり方

step
15
両手のひらで膝から太ももの付け根に向かってさするように流していきます(5〜10回)。

セルフリンパケアのやり方

回数は目安です。むくみが気になる方や、物足りないと感じる方は、回数を増やして行ってみてください。 
 
リンパケア後、余分なオイルはティッシュや使い捨てのペーパータオル等で優しく押さえるようにしてふき取り、オイルがインナーや服につかないように気をつけてください。ついたまま放置すると、古くなった油のにおいになり、何度洗濯しても落ちません。 

Karisugiもこれで何枚かインナーをダメにして処分しました。オイルがついたものは、なるべく早く洗うようにしましょう。
Karisugi

リンパケアにおすすめのキャリアオイルは?

セルフリンパケアのやり方【手順画像付き】

リンパケアで使うキャリアオイルは、ホホバオイルかスイートアーモンドオイルがおすすめ。 
 
スイートアーモンドオイルは皮膚をやわらかくしたり、肌をしっとりさせてくれます。また、ビタミンやミネラルが豊富で、肌への吸収も優れています。 
 
ホホバオイルには精製したものと未精製のものがありますが、精製されたホホバオイル(ホホバオイル・クリア)は、においがほとんどなく、精油の香りを邪魔しません。未精製のホホバオイルよりビタミンやミネラルは減りますが、アレルギーが起きづらいのがメリットです。 
 
ホホバオイルもスイートアーモンドオイルも乾燥肌に対応し、アロマトリートメントやリンパケアでよく使用されています。 

 

 

リンパケアとアロマは好相性!

リンパケアに精油(エッセンシャルオイル)をプラスすると、香りの効能も取り入れることができます。香りは脳にダイレクトに届き、免疫機能を高めたり、心身をリラックスさせてくれるんです。 

精油の成分は「皮膚からリンパ、血液へ」、「鼻から脳へ」、「肺から血液へ」といったルートで作用し、最終的には尿や汗として体から出ていきます。
Karisugi
 

全身へのトリートメント(マッサージ)の場合は、精油濃度が1〜2%になるように滴数を調整して作ります。 

精油濃度1%は、キャリアオイル30mlに対して、精油6滴 

精油濃度2%は、キャリアオイル30mlに対して、精油12滴

 

精油濃度が高ければいいというものではなく、かえって肌を刺激してしまうこともあるので、滴数は守りましょう。 

リンパケア後はだるくなる?対処法は?

リンパケア後はだるくなる?対処法は?

リンパケアを行うと、リンパの流れや血流が良くなります。ケア中や直後は気持ちいいと感じても、翌日に「だるい」「頭が痛い」といった症状が出ることがあります。 
 
これはもともと身体に溜まっていた老廃物や、風邪などでリンパと戦って死んだウイルスが、リンパケアによって体内を移動しているときにおこるものです。老廃物の量が多く、1度で排出できないときもまた体内を巡ることになるので、その間、一時的に体調が悪くなることがあります。 
 
個人差はありますが、リンパケアを行ったあと、当日〜3日の間にそのような不調があらわれた場合は、以下のように対処してください。 

常温の水・白湯(さゆ)・ハーブティーなど水分をこまめに飲みましょう。

→ 汗や尿と一緒に老廃物が出ていくので、出し切ったあとは体が軽くなり、スッキリします。 

お風呂は湯船にゆっくり浸かって汗を流しましょう。

→ 体を温め、汗を出すことも老廃物排出とだるさからの回復を助けてくれます。

 

Karisugi
老廃物が体から出てしまえば、スッキリしてまた調子が戻るので、それまではゆっくり体を休めましょう。

リンパケア後の体調には個人差があるので、"具合が悪い、心配だ" というなら我慢せず、医療機関を受診してください。
Karisugi
 

初めてリンパケアを行う場合は、いきなり1時間近く行うと、かえって調子を崩すことがあります。 
 
時間をかけたリンパケアは、何度か回数をこなしてからのほうが良いですね。 

余談ですが・・・

Karisugiも初めてセルフリンパケアを行った翌日は、だるさとトイレの回数が多かったのを覚えています。 

定期的にマッサージしていれば、そういうことはなくなりますが、期間が空くと同じことの繰り返しです。 

あと、風邪が治ったあとにリンパケアを行うと、一時的に風邪をぶり返したようなだるさがあらわれることもありました。

なので、期間が空いたときや風邪のあとのリンパケアは、休日前に行うようにしています。 

リンパケア後にだるさがあらわれたときは、お茶などを飲んでゆっくり休めば、だいたい翌日には何事もなかったかのように体が軽くなります。

まとめ

日常のセルフケアに、自分でできるセルフリンパケアのやり方を、簡単な手順イラスト付きでご紹介しました。 
 
セルフリンパケアは、心身のリラクゼーションだけじゃなく、むくみや体の冷え、免疫力アップにも役立ちます。 
 
アロマとの相性が良いので、香りを感じながら行えば相乗効果も期待できますよ。 
 
ストレスケアやダイエット、美容・健康維持に、自分で簡単にできるセルフリンパケアを取り入れてみてはいかがでしょう♪ 

この記事でご紹介したリンパケアは医療行為ではなく、リラクゼーションや、健康な人の未病の不調など、身体の健康維持や美容を目的にしています。
どこか病気があるときや、ガンの術後または病気が原因のむくみを改善する目的で行うものではありませんのでご注意ください。
Karisugi
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 
 
アロマやリンパの資格は独学では取れない?〜資格の取り方や独学でも取れる講座など紹介
アロマやリンパの資格は独学では取れない?〜資格の取り方や独学でも取れる講座など紹介

  対応したスクールか通信講座を受講しないと、アロマやリンパの資格はもらえないという点で、独学では資格取得は難しいです。    ですが、多くはありませんが、試験だけ受けられるアロマやリンパの資格もある ...

続きを見る

 

 

-アロマの基礎
-, , , ,