精油一覧

ローレル精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

ローレル精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

 

ローレルは、ベイローレルや月桂樹とも呼ばれます。 
 

スパイシーでやや甘さも感じる香り。 
 

抗ウイルス作用や抗炎症作用に優れる「1.8シネオール」を多く含み、呼吸器感染症や体の痛み対策に役立ちます。 
 

ただし、刺激が強い精油なので、低濃度で使用するようにしましょう。 

 

 

ローレル精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

学名:Laurus nobilis

科名:クスノキ科

抽出部位:葉、小枝

抽出方法:水蒸気蒸留法

 
 

ローレルの香り

スパイシーでやや甘さも感じる香り。 
 
 

ローレルの成分

 

オキサイド類の1.8シネオールを多く含みます。
Karisugi
 

1.8シネオール 

リナロール 

テルピネン-4-オール 

α-テルピネオール 

● サビネン 

α-ピネン 
 
β-ピネン 

● メチルオイゲノール 

● α-酢酸テルピニル 

● 酢酸テルピニル 他 
 

 
 

ローレルの効能、禁忌

 

抗菌作用。 

抗ウイルス作用。 

抗カタル作用。 

去痰作用。 

鎮痛作用。 

抗炎症作用。 

血行促進作用。 

鎮痙作用。 

消化促進作用。 

駆風作用。 

害虫よけに。 

集中したいときに。 

ヘアトニックに(頭皮のかゆみ、ふけなどに)。 

イライラや不安感をやわらげたいときに。 
 

* 妊娠中・授乳中の方は使用を避けましょう。 

* 皮膚に刺激になる場合があるので、敏感肌の方は少量から試しましょう。

 

 

メディカルアロマに興味のある方におすすめの良書がこちら。使い方やブレンドレシピの参考になります ▼▼

 
 

ローレルとブレンドの相性が良い精油

 

オレンジ・スイート 

レモン 

イランイラン 

ゼラニウム 

ラベンダー 

スイート・マージョラム 

サイプレス 

ジュニパー 

◎ ローズマリー(カンファーシネオール) 

ラヴィンツァラ 

クラリセージ 

フランキンセンス 

プチグレン 

◎ ユーカリ(グロブルスラディアータ) 
 

 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-精油一覧