メディカルアロマ

眠りを助ける「α-テルピネオール」を含む精油|作用・効果・安全性

眠りを助ける「α-テルピネオール」を含む精油|作用・効果・安全性

 

α-テルピネオールは、やさしく甘い香りで、「ライラック様の香り」と表現されることもあります。 
 

抗菌作用、抗真菌作用、消臭効果などが期待できます。 
 

また、寝つきが悪いときには、α-テルピネオールを含む精油が役に立ちます。 
 

α-テルピネオールを含む精油や、期待できる効果、安全性についてご紹介していきます。 
 
 

 

α-テルピネオールとは

精油成分モノテルペンアルコール類に分類されます。 

参考精油成分まとめ【karisugi blog内】 
 
 

α-テルピネオールの主な作用、期待できる効果

 

抗菌作用 

抗真菌作用 

抗ウイルス作用 

抗炎症作用 

免疫調整作用 

収斂(しゅうれん)作用 

昆虫忌避作用(アリやゴキブリに) 

空気を爽やかにしたいとき 

なかなか寝付けないときに  
 

免疫調整作用とは、免疫力が高まりすぎないように抑えたり、逆に、足りないときには刺激するなど、免疫機能のバランスを調節・正常にさせる作用のことを言います。
Karisugi
 
 
 

α-テルピネオールを含む精油

 

ニアウリ・シネオール(〜10%) 

ユーカリ・ラディアータ(8〜14%) 

ラヴィンツァラ(7%前後) 

ネロリ(3〜5%) 

ティートリー(2〜3%) 

スイート・マージョラム(3%前後) 

ローズマリー(カンファーシネオール)(1〜2%) 

クラリセージ(〜1%) 

ホーリーフ(〜1%) 

ラベンダー(〜1%) 

ローズウッド(〜1%) 
 
 

α-テルピネオールの安全性

 

安全性は高いです。 
 

ですが、初めて精油をお肌に使う場合は、必ずパッチテストをして、アレルギーがないかチェックしましょう。 
 
 

今回ご紹介した精油

 

 

 

 

 

 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-メディカルアロマ