精油一覧

バジル精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

バジル精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

 

バジル精油にはいくつかケモタイプが存在しますが、一般的なアロマテラピーで使われるのは、リナロールが主成分の「バジルリナロール(スイートバジル)」になります。 
 

「バジルトロピカル」または「エキゾチックバジル」と呼ばれるものは、エストラゴール(チャビコールメチルエーテル)を多く含み、喘息やアレルギーに対する働きが期待できる精油ですが、安全性の面から、一般的なアロマテラピーには向いていません。精油の知識がある程度ある方向けの精油(メディカルアロマ向け)になります。  

Karisugi
学名だけで判断できない場合は、成分表を見ましょう、どちらの成分が多く含まれているか確認できます。
 

どちらも刺激が強いことに変わりはないので、長期連続使用・多量使用は避けましょう。 

 

 

バジル精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

学名:Ocimum basilicum

科名:シソ科

抽出部位:花、茎、葉

抽出方法:水蒸気蒸留法

 

バジルの香り

ハーブ系の甘さとスパイシーさを持つ香り。 
 
 

バジルの成分

 

バジルリナロールの場合、リナロールが主成分で、バジルトロピカルの場合、チャビコールメチルエーテルが主成分となります。
Karisugi
 

● チャビコールメチルエーテル(エストラゴール) 

リナロール 

1.8シネオール 

● メチルオイゲノール 他 
 

バジルリナロール ▼▼

 

バジルトロピカル ▼▼

 
 

バジルの効能

 

抗菌作用。 

殺菌作用。 

抗ウイルス作用。 

抗真菌作用。 

抗アレルギー作用。 

鎮痛作用。 

鎮痙作用。 

消化促進作用。 

駆虫作用。 

免疫力アップに。 

集中したいときに。 

物事を深く考えすぎてしまうことによる疲労に。 
 

* 妊娠中の方、乳幼児への使用は避けましょう。 

* 皮膚に刺激になる場合があるので、敏感肌の方は少量から試しましょう。 

* 長期連続使用、多量使用は避けましょう。

 

バジルリナロールは、より鎮静作用や強壮作用に優れます。
バジルトロピカルは、より抗アレルギー作用や鎮痙作用に優れます。
Karisugi
 

メディカルアロマに興味のある方におすすめの良書がこちら。使い方やブレンドレシピの参考になります ▼▼

 
 

バジルとブレンドの相性が良い精油

 

オレンジ・スイート 

グレープフルーツ 

ベルガモット 

レモン 

ゼラニウム 

ネロリ 

クラリセージ 

フランキンセンス 

◎ ユーカリ(グロブルスラディアータシトリオドラ) 

◎ ローズマリー(カンファーシネオール) 

 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-精油一覧