精油一覧

セージ精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

セージ精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

 
セージは、肉料理のくさみ取りにも使われるハーブです。 
 
スパイシーでハーブ調の、スッキリとした香り。 
 
刺激が強いので、芳香浴やアロマケアで使うときは少量(低濃度)に抑えましょう。 
 
同じハーブ系のほか、柑橘系、フローラル系、樹木系の精油とブレンドの相性が良いです。 
 
似た名前の精油にクラリセージがありますが、セージとは違います。 
 
スピリチュアルな面では浄化作用も期待できますが、先ほどもお伝えした通り、セージ精油は刺激が強いので、使用の際は少量に抑え、長期間・長時間の使用は控えましょう。 

 

 

セージ精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

学名:Salvia officinalis

和名:ヤクヨウサルビア

科名:シソ科

抽出部位:花と茎葉、全草

抽出方法:水蒸気蒸留法

オイルの色:無色〜薄い黄色

 
 

セージの香り

スパイシーでハーブ調の、スッキリとした香り。 
 
 

セージの成分

 

ケトン類のツヨンとカンファーを多く含みます。
Karisugi
 

● α-ツヨン 

● β-ツヨン 

カンファー 

1.8シネオール 

β-カリオフィレン 

● α-フムレン 

● カンフェン 

α-ピネン 

β-ピネン 

リモネン 

● ボルネオール 

ミルセン 
 

 
 

セージの効能、禁忌

 

抗ウイルス作用。 

抗菌作用。 

去痰作用。 

鎮痛作用。 

鎮静作用。 

血圧上昇作用。 

収れん作用(抜け毛やシワに)。

エストロゲン様作用(月経不順や更年期に)。 

食欲がないときに。 

空間の浄化に。 

気分が落ち込んでいるときに。 

ストレスを感じているときに。 

頭をクリアにしたいとき、集中力・記憶力を高めたいときに。 
 

* 妊娠中、授乳中、乳幼児、高血圧、てんかんの方は使用を避けましょう。 

* 長期間・長時間・広範囲・多量使用は避けましょう。

* 皮膚に刺激になる場合があるので、敏感肌の方は少量から試しましょう。

 

 
 

セージとブレンドの相性が良い精油

 

オレンジ・スイート 

ベルガモット 

レモン 

ゼラニウム 

ネロリ 

ラベンダー 

シダーウッド・アトラス 

ジュニパー 

ニアウリ 

パイン

ローレル 

◎ ローズマリー(カンファーシネオール) 

ローズウッド 

ジンジャー 
 

 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-精油一覧