アロマの基礎

初心者歓迎♪アロマテラピーの始め方|精油の選び方・作り方・使い方・注意点

更新日:

初心者歓迎♪アロマテラピーの始め方|精油の選び方・作り方・使い方・注意点

 

アロマテラピーは香りを楽しむ以外にも、使い方次第でいろいろなアロマクラフトを作ることもでき、日常に簡単に取り入れることができますが、いくつか注意点もあります。 
 

アロマ初心者さんでも安心して始められるように、精油の選び方や使い方、注意点などをご紹介していきます。 
 
 

 
 

アロマテラピーってなに?

初心者歓迎♪アロマテラピーの始め方|精油の選び方・作り方・使い方・注意点

 

アロマテラピーは「芳香療法(ほうこうりょうほう)」とも言われています。精油の香りで心と体をリラックスさせたり、心身のちょっとした不調予防・対策にも役立ちます。 
 

香りをかぐだけじゃなく、手作りのアロマスプレーで虫除けや除菌、クリームでハンドケア、アロマオイルで全身トリートメント、普段の掃除などなど・・・様々なシーンに使えるんです。 
 

香りが心身にもたらす影響やメカニズム、臨床例など、より詳しく知りたい方はこちらを参考までに ↓↓

  

アロマの香りは、使う人のその時の気分、健康状態、体質の変化によっても好き嫌いが左右されます。 
 

香水もそうですよね。 
 

「前はすごくいい香りだと思ったのに、今はそうではなくなった・・・」 
 

逆に、「苦手だった香りが、今ではいい匂いに感じる」・・・そんな経験をしたことはありませんか? 
 

アロマテラピーに使われる精油は単品では香りがきつかったり、好みではないものもあるかもしれません。 
 

そんなときは、精油同士をブレンドしたり、キャリアオイルなどで希釈する(薄める)ことで、香りの印象がだいぶ変わります。 
 

苦手な精油もブレンド次第で、とってもいい香りだと感じるようになるかもしれません。 
 

Karisugi
一度試して苦手な香りだと思っても、「もう無理」と決めつけず、たまに試してみるといいですよ。
体調によっても香りの感じ方がガラッと変わるのが、精油の不思議な魅力の1つです。
 
 

 
 
 

精油(エッセンシャルオイル)ってなに?

初心者歓迎♪アロマテラピーの始め方|精油の選び方・作り方・使い方・注意点

 

はじめに確認ですが、 

精油=エッセンシャルオイル → ◯ 

精油=アロマオイル → × 

です。 
 

アロマオイルは100%天然ではありません。精製水やエタノールなどであらかじめ希釈され(薄められ)ているので、手作りのアロマオイルや化粧水を作るときには使いません。 
 

あくまで芳香浴(香りを楽しむ)向きのオイルです。 
 

では精油(エッセンシャルオイル)とはどういったものなのでしょうか。 
 

精油とは

*植物の花・葉・果皮から分泌される有機化合物 

*100%天然のもの 

*香りが強い 

*水に溶けない(アロマスプレーやアロマオイルは無水エタノールや植物油などと混ぜて使う。) 

*揮発性がある(火気厳禁)

*日光を嫌う(遮光瓶に入っているものがほとんど)

 

有機化合物とは、「炭素を含む化合物の総称」と言われていますが、ここでは難しく考えなくてOKです。
揮発性とは、「蒸発しやすい」ということです。
Karisugi

 
 

精油はどうやって作られてるの?|精油の作り方(抽出方法)

初心者歓迎♪アロマテラピーの始め方|精油の選び方・作り方・使い方・注意点

 

大ざっぱに分けると、以下の方法で精油は抽出されます。 

  1.  水蒸気蒸留法
  2.  圧搾法
  3.  溶剤抽出法

 

1. 水蒸気蒸留法

水蒸気で蒸して香りを抽出します。主に植物の花や葉がこの方法で抽出されます。 
 

2. 圧搾法

果皮を潰してしぼって香りを抽出します。主に柑橘系がこの方法で抽出されます。 
 

3. 溶剤抽出法

エタノールなどの有機溶剤に花を漬けて、香りを抽出します。主にバラやジャスミンがこの方法で抽出されます。 

水蒸気蒸留法や圧搾法と違って、自然な状態で香りを抽出していません。 
 

精油の作り方(抽出法)について触れたワケ

特に敏感肌・アレルギーの人にとっては大事なことだからです。 
 

3番目の溶剤抽出法の精油は、抽出の過程で溶剤が残ってしまうことがあります。 
 

敏感肌・アレルギーを持っている人が、この溶剤抽出法で抽出された精油でトリートメントやスキンケアをすると、肌を刺激することがあるので、注意しないといけません。 
 

溶剤抽出法で抽出された精油だけに限りませんが、精油を肌に使いたいときは、必ずアレルギーテスト(パッチテスト)をして、肌に異常がないか確認してから使いましょう。 
 
 

失敗しない精油の選び方|精油を買う前に確認することは3つだけ

初心者歓迎♪アロマテラピーの始め方|精油の選び方・作り方・使い方・注意点

 

いざ精油を買おうというとき、どこのメーカーにしようか迷ったことはありませんか? 
 

ネット通販で探そうにも、種類は多いし値段もピンキリ。 
 

精油を買う前にはいくつか確認した方が良いことがありますが、特に次の3点が確認できればOKです。 
 

  • 化学合成されていない、純粋なもの、つまり100%天然のオイルか。
  • 精油名・学名・原産国など精油の情報が記載されているか。
  • 成分表の記載があるか。

 

これらが全て確認できて、かつ初心者ユーザーにも使いやすいのが「生活の木」です。 
 

精油やアロマ関連に必要なものは、「生活の木」でだいたい揃うし、1本3mlで660円(税込)〜購入できるので、香りの確認やお試しにもちょうど良い量・値段です。 
 

「生活の木」が全てではありませんが、初心者さんでアロマ関連の材料に詳しくない方や、これからアロマの勉強や精油を買おうというときの参考までに・・・。 
 

100均のものは明らかに天然ではないですよね。
知らずに肌につけて、かぶれや炎症を起こしてしまった→「精油ってコワ〜イ」なんて思われたら、こんな残念なことはないですよね。
Karisugi
 
 

直接「生活の木」オンラインから買うのも良いですが、「精油だけ欲しい、送料無料がいい」という方は、こちらからの方がお得なときも。 ↓↓ 

 

メーカーや値段で迷ったら、最後は成分表があるかないかで判断すれば良いと思います。 
 

学名や原産国などは明記されているところも多いですが、成分表まで載せているところは少ないです。 
 

 
 
 

初心者でも簡単にできるアロマテラピーの始め方

初心者歓迎♪アロマテラピーの始め方|精油の選び方・作り方・使い方・注意点

 

ちょっとした体と心の不調への働きかけが期待できる精油。 
 

精油を使ったアロマテラピーは、初心者でも簡単に普段の生活に取り入れることができるんです。 
 

アロマバスに

お風呂に入るときに、精油をハチミツや天然塩、キャリアオイルに数滴混ぜ、湯船に入れてかき混ぜます。簡単アロマバスです♪ 
 

 
 
 

手浴・足浴に

手や足を精油を入れたお湯につけてリラックス♪ 精油を数滴入れるだけの簡単なケアです。 
 

 
 
 

芳香浴・吸入に

精油を効率よく吸入できます。喉が痛い・鼻が詰まるという時にも役立ちます。
 

 

 

 
 
 

温湿布・冷湿布に

痛みやコリのある部位にあてて使います。作り方も簡単なので、リフレッシュにもおすすめです。
 

 

 
 
 

マウスウォッシュや喉スプレーに

お口の中を清潔に保ちたいときに。普段のうがいや、寝る前・朝起きたときに使うのがおすすめです。
 

 
 
 

掃除や消毒に

精油には抗菌・抗ウイルス作用もあるので、掃除や消毒をするときにも重宝します。 
 

 
 
 

アロマスプレーに

アロマスプレーは、マスクスプレーやエアーフレッシュナー、虫除けスプレー、デオドラントスプレー、掃除の仕上げなど、様々なシーンに使える万能スプレーです。 

自分好みの香りを簡単に作ることができます。 
 

 

 

 
 
 

香水(アロマフレグランス)に

100%天然香料で作る香水(アロマフレグランス)は、一般の香水と比べると香りが弱く、持続時間は短め。 

ですが、合成香料にはない優しい香りと、ブレンドの楽しさにハマる人が多いんですよ♪ 

 

 
 
 

オイルトリートメント(マッサージ)、リンパケアに

心身のちょっとした不調予防や対策に、エイジングケアに、ダイエットに、自分だけじゃなく家族や身近な人も癒せる最高のリラクゼーションです。 
 

 

 

 

  
 

 
 

空間やモノ、自分自身の浄化に

浄化や邪気払いはアロマで簡単にできるんです。 

空間やお財布などのモノ、自分自身の浄化にアロマの香りを役立ててみてはいかがでしょう。 
 

 

 
 
 

精油を使う前にチェック!10の注意点

初心者歓迎♪アロマテラピーの始め方|精油の選び方・作り方・使い方・注意点

 

1. アレルギーテスト(パッチテスト)をすること。

2. 原液のまま肌につけないこと(一部例外あり)。

3. 絶対に飲まないこと。

4. 薬や治療の代わりに使わないこと。精油は薬ではなく、日本では雑貨扱いです。また、アロマテラピーは医療行為ではありません。

5. 冷暗所で立てて保管すること(精油は直射日光を嫌います)。

6. 開封したら1年以内に使い切ること(柑橘系の精油は半年以内)。

7. 火気の近くで使うときは注意すること(精油は揮発性があるので)。 

8. 柑橘系の精油には光毒性があるものが多いので、肌につけたら12時間くらいは日光に当たらないようにすること(肌に使いたい場合は光毒性の成分「フロクマリン」を取り除いた「FCF(フロクマリンフリー)」の精油がおすすめ)。

9. 妊産婦・乳幼児だけじゃなく、「こういう人は使わない方がいい」という精油もあるので、知識もないままおすすめしないこと。

10. 正しい効能と安全性を知った上で使うこと。


 
参考ページ
精油はプラスチックを溶かす?100均の容器はアロマで使っちゃダメ?
精油はプラスチックを溶かす?100均の容器はアロマで使っちゃダメ?

    Karisugiアロマクラフト作りで使う容器って、普通に100均のものでいいのかな? 安いし使い捨てだからラクだけど、「精油はプラスチックを溶かすことがある」って聞いたから、ちょっと心配。  ...

続きを見る

 

Karisugi
安全に正しく使うために必要なコトですが、たくさんあってヒエ〜と思いますよね。
こんなに気をつかう雑貨も珍しいかもしれません。使い方に慣れてきたら、あとはもう楽しむだけですよ♪
 
 
 

おわりに

アロマテラピーは「芳香療法(ほうこうりょうほう)」とも言われていますが、その使い方は香りをかぐだけでは終わりません。 
 

精油の香りを使ったリラクゼーションで自然治癒力を高めるサポートをしたり、心身のちょっとした不調予防・対策にも役立てられているんです。 
 

精油は「雑貨」扱いですが、植物の花・葉・果皮などから抽出した100%天然のオイルがギュッと詰まっています。その成分の働きを見ると、つい「〜に効果があるんだ」と思いがちですが、精油は薬ではありません。 
 

とはいえ、実際その働きを体感すると、その魅力にハマってしまう人も多いです。 
 

ただ、精油をディフューザーなど芳香浴以外で使う場合は、いくつか注意点もあるので、そこだけ気をつけつつ、日常にアロマテラピーを取り入れてみるといいですよ。 
 
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アロマの基礎

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.