のど・せき・たん

風邪のひき始めにアロマでできること|精油の原液塗布&マグカップ吸入

更新日:

風邪のひき始めに〜ティートリーとラベンダー精油の原液塗布〜

 

風邪のひき始めに感じるのどの違和感など、風邪のサインを感じたら、ティートリーやラベンダー精油の原液塗布、マグカップでの吸入、手作りアロマオイルが役立ちます。 
 

ひき始めなら、おうちで栄養のあるものを食べて、体をあたためて、しっかり寝ることが回復を助ける近道。 
 

風邪薬は、あくまで風邪のつらい症状をやわらげるためのもので、実際風邪を治しているのはその人の免疫力なんです。 
 

本格的に症状をこじらせないよう、セルフケアとしてアロマテラピーを取り入れてみてはいかがでしょうか。 
 

 
 

 
 

風邪のひき始めにはティートリーとラベンダーの原液塗布

風邪のひき始めに〜ティートリーとラベンダー精油の原液塗布〜

 

「なんだかのどの調子がおかしい」と思ったら、ティートリーかラベンダーの精油を原液塗布します。 
 

使い方は簡単で、ティートリーかラベンダーの精油を1滴、顎の下から首にかけて塗り込むだけです。 
 

Karisugi
Karisugiも「のどがいつもと違う、イガイガしてる」と思ったらすぐに塗布していますが、そのおかげか、ここ数年薬を飲むほどつらい症状になったことがありません。
 

 

この原液塗布は、ひどくなってから塗ってもあまり意味がないので、「風邪ひくかも・・・?」と思ったらすぐに対処するのがポイントです。 
 

Karisugi
精油を使った手作りアロマクラフトを肌に塗布する場合は、パッチテストをして、肌に異常がないか事前にチェックしましょう。

原液塗布は、肌が敏感な人には刺激になるかもしれないので、その場合は無理に使わないでください。マグカップ吸入や手作りアロマオイルを擦り込むケアもありますので☆
Karisugi
 
 

マグカップでアロマの香りを吸入

風邪のひき始めに〜ティートリーとラベンダー精油の原液塗布〜

 

Karisugi
風邪のひき始めにアロマの香り成分を吸入すると、のどのイガイガがスッキリして不快感がやわらぎます。
 

用意するもの

・マグカップ

・熱いお湯

ティートリー:1滴

ユーカリ・グロブルス:1滴

 

ティートリーやユーカリ・グロブルスの代わりに、ユーカリ・ラディアータを2滴にしてもOKです。レモン調の香りで作用も穏やかなため、子供にも使いやすい精油ですよ。
Karisugi
 

<使い方>

マグカップに熱いお湯を注いで、ティートリーとユーカリ・グロブルスの精油を1滴ずつ垂らして(またはユーカリ・ラディアータを2滴)、蒸気と一緒に香りを吸い込みます。お湯が冷めたら止め時です。 
 

吸入中は目を閉じてください。また、咳が出ているときは蒸気と精油成分でむせてしまうことがあります。そういうときは吸入は控えましょう 
 

 
 
 

風邪のひき始めに役立つ精油&ブレンドレシピ

 

ちょっとおかしいなと思ってもすぐに対処できないとき、精油をブレンドして作るアロマオイルが役に立ちます。 
 

少量ずつ使うので、塗る回数に制限はありません。 
 

朝でも、日中でも、寝る前でもOK。 
 

風邪のひき始めに役立つ精油

 

比較的スッとしたハーブ系の香りが強い精油を使っているので、匂いが嫌いだと感じたら、無理に使わないでください。
また、肌につけたとき、炎症やかぶれがあらわれた場合も使用を中止して、水かぬるま湯で洗い流してください。
Karisugi
 
 

 

ブレンドレシピ2

 

ブレンドレシピ3

 

 
 
 

風邪のひきはじめに役立つアロマオイル|作り方・使い方

 

 

■ 作り方 
 

step
1
保存容器(ポンプボトルor遮光瓶)にホホバオイルを入れる。

step
2
お好きなブレンドレシピを選び、1に精油を垂らす。

step
3
フタをしてよく振り混ぜて、完成!


 

■ 使い方 

風邪のひき始めに〜ティートリーとラベンダー精油の原液塗布〜

 

耳の下〜首元、胸元まで、アロマオイルを擦り込むようにして流していきましょう。 
 

余分なオイルはティッシュか使い捨てのペーパータオル等で、やさしく押さえるようにしてオイルオフします。 
 

また、作ったアロマオイルを小分けにして持ち歩きたいときは、「生活の木」のロールオンボトルがおすすめです。ガラスボトルでキャップもしっかりしているので、バッグの中でもみくちゃになってもこぼれません。ロール部分もなめらかに転がるので塗りやすいですよ。 

 

Karisugi
作ったアロマオイルは3ヶ月以内に使い切りましょう。全身のアロマトリートメントやリンパケアハンドトリートメントにも使えます。
 
  

まとめ

風邪のひき始めには、ティートリーとラベンダー精油の原液塗布が役に立ちます。 
 

また、マグカップ吸入や手作りアロマオイルを部分的に擦り込むのも、本格的にこじらせてしまう前におすすめのケアです。 
 

アロマケアだけじゃなく、栄養のあるものを食べて、しっかり睡眠をとることも、体力と免疫力の回復には欠かせません。調子が悪いときは無理せず休養しましょう。
Karisugi
 
 
 

今回ご紹介した材料

 

 

 

 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

広告

-のど・せき・たん
-, , , ,

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.