メディカルアロマ

甘美な女性らしい香りといえば「ゲラニオール」|作用・効果・安全性

更新日:

ゲラニオール

 

ゲラニオールはバラのような香りを持つ芳香成分で、香水や香料にも使われています。 
 

例えば、ニオイ対策で飲まれるバラのサプリメント。 
 

バラのサプリメントには香料としてローズオイルが配合されていますが、このローズオイルにはゲラニオールが含まれています。 
 

体内で吸収したゲラニオールは、汗となって体外に出ることが研究で分かっていることから、「体からバラの香りが〜」へとつながるんですね。 
 

 

バラを例にしましたが、ゲラニオールを含む精油はほかにもあります。 
 

ゲラニオールの作用や効果と合わせてみていきましょう。 
 
 

 

ゲラニオールとは

精油成分モノテルペンアルコール類に分類されます。 
 
 

ゲラニオールの主な作用、期待できる効果

 

抗菌作用 

抗ウイルス作用 

抗真菌作用 

防虫作用(特に蚊が嫌う香り) 

収れん作用 

皮膚の弾力回復 

ホルモンバランスを整える 

子宮強壮作用 

鎮静作用 

リラックス効果 
 

ゲラニオールはモノテルペンアルコール類の中でも、特に抗菌作用が強いと考えられている成分です。
また、ホルモンバランスの変化による心と体の不調を整える作用が期待でき、生理痛やPMS(月経前症候群)、更年期対策としてセルフケアに取り入れたりもします。
Karisugi
 

 

 
 
 

ゲラニオールを含む精油

 

パルマローザ(80〜95%) 

シトロネラ・ジャワ(20〜30%)  

ゼラニウム(20〜30%) 

ローズ(8%前後) 

レモングラス・東インド型(〜6%) 

ネロリ(〜5%) 

イランイラン(2%前後) 

ローズウッド(〜1%) 
 

Karisugi
バラのような香りだけど、ローズが1番ゲラニオールを多く含むわけではなかったんですね。
 
 
 

ゲラニオールの安全性

 

ホルモンバランスに関わる作用があるので、妊娠中の使用は避けましょう。 
 

Karisugi
ゲラニオールを含む精油には強い抗菌作用と、女性特有の悩みへのサポート、さらに虫除け対策に役立つことがわかりました。
セルフケアには、芳香浴やオイルマッサージでメンタルバランス・ホルモンバランスを整えるのに役立てたり、手作りの虫除けアロマスプレーを活用するのもおすすめです。
 
 

今回ご紹介した精油

 

 

 

 

 

 

 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 
 
1-8シネオール
風邪やウイルス対策に「1.8シネオール」の精油|作用・効果・安全性

  風邪やインフルエンザ対策のセルフケアとしてよく用いられる「ユーカリ」、「ローズマリー」の精油には、「1.8シネオール」という成分が多く含まれています。    しみ通るようなスッキリした香りが特徴で ...

続きを見る

  
 
こんな時はこの精油|たった10秒香りをかぐだけの簡単アロマ芳香浴
こんな時はこの精油|たった10秒香りをかぐだけの簡単アロマ芳香浴

  「こんな時はこれ」という自分だけの精油を見つけて、香りを感じる機会を増やしてみてはいいかがでしょう♪    アロマテラピーには、手軽に香りをかぐだけの芳香浴から、自分で手作りしたアロマオイルでトリ ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-メディカルアロマ

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.