肌トラブル

消毒も保湿も同時にできる♪アロマハンドローションを作ってみた

消毒も保湿も同時にできる♪アロマハンドローションを作ってみた

 

手洗いのあとに、お店への入出時に、事あるごとにアルコールスプレーをしていると、あっという間に手指はガサガサ。赤くなったり痒くなったりもする。そして、保湿クリームを何度もぬり直すのが面倒くさい・・・。 
 

そんなわけで、消毒と保湿が同時にできるハンドローションを手作りすることにしました。 
 

アロマの力も借りた、オリジナルハンドローションです。 
 

 

 

消毒も保湿も同時にできる♪アロマハンドローションを作ってみた

手作りハンドローションの材料

手作りハンドローションの材料

 

材料

● 無水エタノール:75ml 

● グリセリン:10ml 

● ホホバオイル・クリア:5ml 

● スクワラン:10ml 

ラベンダー精油:12滴 

オレンジ・スイート精油:6滴 

ユーカリ・ラディアータ精油:2滴 

● 100mlガラス製ボトル(ポンプ式キャップ)
※ 目詰まり防止のため、スプレーノズルではなく、ポンプ式キャップのものを使います。

 

アルコール濃度75%、精油濃度1%です。使う精油は、オレンジ・スイート、ラベンダー、ユーカリ・ラディアータの3種。いずれも抗菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用が期待できます。特にラベンダーは、傷の回復を促す作用もあるので、手荒れ対策になりそうです。 
 

手作りハンドローションの作り方・使い方

step
1
容器類にアルコールスプレーをして消毒する。

手作りハンドローションの作り方・使い方

 

step
2
無水エタノール→精油の順に入れたら、左右に軽く振り混ぜる。

手作りハンドローションの作り方・使い方
手作りハンドローションの作り方・使い方

 

step
3
グリセリン、ホホバオイル・クリア、スクワランを入れたらキャップを閉めて、上下によく振る。

手作りハンドローションの作り方・使い方
手作りハンドローションの作り方・使い方

これでアロマハンドローションの完成です♪ 時間がたつと分離するので、使う前にもよく振ります。 
 

半プッシュ〜1プッシュを手のひらにのせたら、手指にすり込みます。はじめは「ちょっとベタつくかな?」と思いましたが、許容範囲内です。アロマの香りは、わずかに手のひらに残る程度。 
 

プラスチック製のものと比べると、持ち運ぶには少し大きいですが、それほど重くなく使いやすいです。 

消毒も保湿も同時にできる♪アロマハンドローションを作ってみた

 

今回容器をガラス製のものにしたのは、洗って繰り返し使いたかったのと、容器の変形の心配がないからです。アルコール濃度が高く、精油も入っているので、念のため・・・。 

 

 

まとめ

消毒と保湿が同時にできる手作りハンドローションは、アルコールスプレー後の保湿が面倒くさい時や、アルコールスプレーによるガサガサ手の対策に使えるアイテムです。 
 

匂いは、わずかにオレンジとラベンダーの優しい香りが手のひらに残る程度で、食事の邪魔をしません。 
 

少しかさばりますが、それでも持ち歩きたい1本になりました♪ 

Karisugiは精油をハンドローションに入れましたが、もちろん入れなくてもOKです。
Karisugi
 

 

 
 

今回使った材料

 

 

 

 

 

-肌トラブル