メディカルアロマ

日常に取り入れやすい「メントール」を含む精油|作用・効果・安全性

更新日:

日常に取り入れやすい「メントール」を含む精油|作用・効果・安全性

 

メントールは、スーッとした清涼感のある香りです。 
 

肌に触れるとひんやりとした感じがしますが、実際に体温を下げているわけではありません。また、冷やすだけじゃなく温める作用もあります。 
 

一部の虫除けや害獣よけに使われている成分でもあります。 
 

ほかにも、鎮痛作用、抗菌作用、消臭などに役立ちます。 
 

メントールを含む精油や、期待できる効果、安全性についてご紹介していきます。 
 
 

 

メントールとは

精油成分モノテルペンアルコール類に分類されます。 
 
 

メントールの主な作用、期待できる効果

 

抗菌作用 

抗ウイルス作用 

抗炎症作用 

鎮痛作用 

鎮静作用 

血行促進作用 

線毛の働きを活発にする作用 

蚊、蜂、ダニ、ゴキブリ、ネズミよけに 

においがきになる場所の消臭に 

吐き気や乗り物酔いなどに  

リフレッシュしたいとき、集中したいときに 
 

鼻やのどにある線毛は、細菌やウイルスなどが肺に入らないようにしたり、体の外に排出したりする働きがあります。ですが乾燥と寒さでその働きが弱くなります。夏だけじゃなく冬にもメントールを含む精油は役に立ちそうですね。
Karisugi
 
 
 

メントールを含む精油

 

ハッカ(インド産)(65%〜) 

薄荷(ジャパニーズミント)(60%〜) 

ペパーミント(30〜50%) 

ハッカ油(和ハッカ)(30%〜) 
 
 

メントールの安全性

 

毒性はありませんが、お肌に刺激となることがあるので、敏感肌の方は少量から使うことをおすすめします。 
 

特に目の近くでは使わないように気をつけましょう。 
 

メントールを含む精油に限らず、初めて精油をお肌に使う場合は、必ずパッチテストをして、アレルギーがないかチェックしましょう。 
 
 

今回ご紹介した精油

 

 

 

 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

-メディカルアロマ

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.