アロマの基礎

ハッカ油の使用期限は?【まとめ買い注意】の理由

ハッカ油の使用期限は?

 

精油と同じく、ハッカ油にも使用期限があります。 
 

一時期、ハッカ油の清涼感やマスクスプレーへの活用が注目され、ドラッグストアやネット通販で売り切れが目立つことがありました。 
 

流行りや"売り切れるかも"という焦りで何本も買ってしまった人もいるかもしれませんが、「なかなか使い切れない」「使い道がわからない」と困った人も多いのでは。 
 

ここでは、ハッカ油の使用期限(開封後・未開封)と、 まとめ買いをする際の注意点をご紹介します。 
 
 

 

ハッカ油の使用期限(開封後・未開封) 【まとめ買い注意】の理由

一度開封したら半年〜1年以内、未開封なら長くて約4年がハッカ油の使用期限です。 
 

ハッカ油を1度使ってみるとわかるのですが、容量20mlの場合、相当フル活用しないと1年で使い切るのは難しい量です。 
 

普段から掃除やスプレー作りに使う人はいいですが、"ちょっとお風呂に"、"ひんやりマスク作り"に使うくらいでは全然減りません。 
 

虫除けスプレーやかゆみ止めクリーム、掃除、お風呂、芳香浴などフル活用してやっと1年で1本使い切れる感じです(1人で使う場合)。 
 

ハッカ油も精油も、大量にまとめ買いしても使い切れなければ捨てるか掃除行き。 
 

1本予備に買っておくか、なくなりそうになったら買う方が、劣化の心配もなく無駄になりません。 
 

ハッカ油1滴=0.05mlだとすると、1本で400滴分になります。
1年で1本使うとして、ストックするにしても4本までが限度ですね。
Karisugi
 
 
 

ハッカ油の売り切れが心配なら・・・

ハッカ油の使用期限は?

 

ハッカ油を1年に1本使う予定なら、3〜4本ストックするのもアリです。  
 

ハッカ油の需要は6〜8月に増すようなので、その前に買っておくと安心ですね。 
 

もし6〜8月に手に入らなくても、9月以降には供給が安定してきます。 
 
 

まとめ

ハッカ油の使用期限は、開封したら半年〜1年以内未開封なら最大約4年です。 
 

たくさんストックしても、使用期限内に使い切れなければ無駄になります。予備に数本買っておくか、なくなりそうになったら買う方が、劣化の心配もなく無駄になりません。 
 

ちなみに保管方法は、直射日光を避けて、常温保管でOKです。 
 

また、使用期限内でも、"色が透明から黄色く変色する"、"ハッカ油特有の清涼感があまり感じられない"などの劣化が見られたら、使わず処分するか、掃除に使いましょう。 
 
 

今回ご紹介したアイテム

 

 

 
 
 

関連ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-アロマの基礎