肌トラブル

シンプル化粧水を手作り!生理前や乾燥によるニキビ対策にも

更新日:

グリセリン+精製水+精油で簡単♪ アロマ化粧水を手作りで

 

ニキビの原因にもいろいろありますが、特に乾燥や生理前のニキビが気になっていたので、皮脂バランスを整えたい時に役立つ精油や、ホルモンバランスに働きかけてくれる精油を使った、シンプル化粧水を手作りすることにしました。 
 

使うのはグリセリンと精製水、そして精油だけです。 
 

 

グリセリンで作るシンプル化粧水|材料・作り方・注意点

精製水+グリセリン+精油で乾燥&ニキビ対策!アロマ化粧水を手作りで

 

グリセリン化粧水 材料

50ml対応容器(遮光瓶やポンプボトル) 

グリセリン:5ml 

精製水:45ml

精油:5滴(アロマブレンドレシピ参照) 

アロマブレンドレシピ

生理前や乾燥によるニキビ対策としてアロマでできることは、お肌の傷や炎症を鎮めたり、皮脂バランスを整えることです。 

特に生理前の赤く熱を持ったニキビができるのは、普段の生活が不規則だったり、ストレスが溜まっていたり、食事のバランスが悪いことが主な原因と考えられます。 

お肌の炎症を鎮めつつ、気持ちもリラックスさせたいときに使えるアロマレシピです。 
 

Karisugi
化粧品の成分にも含まれていますが、グリセリンの高濃度使いは、ニキビやかゆみの原因になることがあるので注意!適量が決まっているのでその通りに。
 

例えば、100mlの化粧水を作りたいときは、グリセリンの量は5〜10ml(最大10%濃度まで)にします。
それ以上だとベタついたり、敏感肌だとかえって刺激になることがあります。
Karisugi
 
 
 
◆ グリセリン化粧水の作り方 

1.空のローション用ボトルにグリセリンを入れ、次に精油を垂らします。 
 
2.グリセリンと精油が混ざるように、ボトルを軽く左右に振ります。 
 
3.精製水を入れたら、ボトルのふたをしめ、よく振り混ぜます。 
 
 

◆ グリセリン化粧水の使い方 

使う前によく振ってください。 

さっぱりした使用感が好きな方は、グリセリンの代わりに無水エタノールを使うこともできます。ただ、アルコールに敏感だという方は、様子見しながら使ってくださいね。 

顔を洗うときはぬるま湯か水で。肌に必要な水分や皮脂まで落としてしまうのを防いでくれます。 

化粧水のあとは乳液やクリームなど、普段のスキンケアをしてOKです。しっかりお肌にふたをして乾燥しないようにしましょう。 
 

注意!

グリセリンも精油も、初めてお肌に使うときはパッチテストをして、お肌に異常がないか確認しましょう。
 
精油と分離しやすいので、使う前によく振りましょう。
 
作った化粧水は涼しいところに保管し(冷蔵庫がおすすめ)、2〜3週間以内に使い切りましょう。
 
赤みやかゆみが出るなどお肌に合わないときは、使用を中止してください。

 
 

◆ グリセリン化粧水の使い心地 

グリセリンで作る化粧水は、粘度はなくさらりとした使い心地で、ホホバオイルで作る化粧水よりもさっぱりしていますが、無水エタノールで作るよりはしっとりしています。 

敏感肌でも使いやすいように、精油滴数は0.5%と低めに設定しましたが、香りもちょうど良かったです。 

ちなみに、この手作り化粧水は全身に使えるので、頭皮や体にもつけると余裕で使いきれます☆
Karisugi
 
 
 

できてしまったニキビには原液塗布も可(敏感肌・アレルギーの人は注意)

生理前のニキビ対策に〜アロマで作る化粧水〜

 

できてしまったニキビには、傷や炎症に働くティートリーラベンダーの精油を、ニキビに1滴、ちょんと塗れば、悪化の予防にもなります(敏感肌の人はかえって刺激になることがあるので注意!)。 

基本的に精油の原液塗布は肌への刺激が強いため、ホホバオイルや無水エタノールなどと混ぜて使いますが、ティートリーラベンダーの精油は少量で部分的になら原液塗布が可能なんです。 

こちらも、あらかじめパッチテストをして、お肌に異常がないか確認してから使いましょう。
Karisugi
 
 
 

今回ご紹介した材料

 

 

 

 

 

 

 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-肌トラブル
-, , ,

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.