CBD

CBD、ヘンプ、カンナビノイド、テルペン【用語まとめ】

CBD、ヘンプ、カンナビノイド、テルペン【用語まとめ】

 

麻には様々な化合物が含まれています。 
 

「ヘンプ?カンナビノイド?よくわからないけど良いらしい」から使うよりも、含有成分の潜在的効果や日本での違法性について知ってから使うほうが、より安心・安全にCBD製品を取り入れることができます。 
 

このページでは、CBD製品でよく目にする用語をまとめています。名称が似ているものが多いので、「これは何?」というとき、参考までにご覧ください。 
 
 

 
 

ヘンプ(産業用大麻)

アサ科アサ属の植物で、THC含有量が0.3%未満の品種をヘンプ(産業用大麻)といいます。 

CBD製品や化粧品などにも使われています。ちなみにCBDは大麻草、ヘンプのどちらからも採れます。 

日本で販売ができるCBD製品は、ヘンプ由来のもので、かつ大麻草の茎、種子から抽出されたもの、THCを含まないものに限られます。 
 

参考:日本で販売されているヘンプ由来のCBD製品 ブランド一例 

>>日本最大級のCBD専門通販サイト「Leep」

>>Greeus 安心安全の国産CBD

>>HempMedsオンラインストア

>>CBDサイト専門店のNaturecan(ネイチャーカン)

>>+WEED【プラスウィード公式】

>>新感覚フレーバータイプのCBDオイル【Feelyou Shop】

>>ドクター配合麻由来成分CBDサプリ【ドリームカプセル】

>>日本製CBDブランド【CannaTech】 
 
 

大麻草(マリファナ)、医療用大麻(カンナビス)

アサ科アサ属の植物で、THC含有量が0.3%以上の品種を大麻草(マリファナ)とか医療用大麻(カンナビス)といいます。 

嗜好品としての大麻草(マリファナ)も医療目的で栽培されている医療用大麻(カンナビス)も、同じ麻の有効成分(THC)を活用しています。 

日本では大麻草(マリファナ)も医療用大麻(カンナビス)も使用することはできません。 
 
 

カンナビノイド:Cannabinoid

麻に含まれる生理活性物質で、100種類以上が知られています。 

その中でも、THC(テトラヒドロカンナビノール)、CBD(カンナビジオール)、CBN(カンナビノール)は、3大カンナビノイドと呼ばれ、カンナビノイドの主成分とされています。 
 
 

THC(テトラヒドロカンナビノール):Δ9-Tetrahydrocannabinol(△9-THC)

麻の主成分で、3大カンナビノイドの1つ。 

精神活性作用(陶酔感、多幸感など)があり、日本で所持・使用することは禁止(違法)されています。 

主な作用は、食欲増進、鎮痛、鎮静、抗がんなど。副作用は依存性、脳・精神への悪影響、吐き気などがあります。 

 
 
 

THCV(テトラヒドロカンナビバリン):Tetrahydrocannabivarin

麻に含まれるカンナビノイドの一種。THCと名称が似ているので、日本では違法なんじゃないかと思われるかもしれませんが、違法性はありません。 

THCVはTHCの4分の1程度の精神作用がありますが、体に悪影響を及ぼすような精神作用ではないといわれています。とはいえ、詳細な研究はまだ行われていません。 

また、抽出量が少ないため希少で単体で販売されておらず、だいたいフルスペクトラムCBD製品(THCフリー)に含まれています(参考:+WEED【プラスウィード公式】)。 

カンナビノイドが複数配合されたフルスペクトラムCBD製品(THCフリー)は、アントラージュ効果(相乗効果)が期待できます。 

潜在的な効果は、食欲抑制、THCの作用抑制、抗けいれん、吐き気抑制、骨の成長促進などがああります。 

 
 
 

CBD(カンナビジオール):Cannabidiol

麻に含まれるカンナビノイドの一種で3大カンナビノイドの1つ。日本での違法性はありません。 

CBDはTHCが0.3%未満のヘンプ(産業用大麻)から採られ、THCに次いで多く採れるカンナビノイドです。 

THCのような精神作用はありません。 

CBDの潜在的な効果として、抗不安、鎮痛、神経保護、抗炎症、抗けいれん、抗がん、吐き気の抑制、抗菌、睡眠補助、骨の成長促進などがあります。 

飲用や塗布用として使われることが多いですが、CBDだけだとその作用をあまり感じられない人もいるようです。 

副作用については、あらわれたとしても軽度であるとされています。
例:下痢、疲労感、食欲の変化など。また、薬との相互作用の可能性もあるので、治療中や薬を服用中の方は医師や薬剤師に相談することが大切です。 
 

参考:CBD関連ページ ↓↓

 

 

 
 
 

CBN(カンナビノール):Cannabinol

麻に含まれるカンナビノイドの一種で3大カンナビノイドの1つ。日本での違法性はありません。 

THCの分解によって生まれる物質で、THCの10分の1程度の精神作用がありますが、THCのような陶酔作用、高揚感は得られません。 

CBNは全体の麻に1%程度の割合で存在していて、レアカンナビノイドの1つでもあります。 

テルペンとの相性が良いです。 

潜在的な効果として、抗菌、抗炎症、鎮痛、鎮静、睡眠補助、神経保護、骨の成長促進などがあります。 
 

CBD+CBG+CBNが摂れるグミ >>Greeus(グリース)のCBDグミ

CBNがが摂れるオイル >>Naturecan(ネイチャーカン)のCBNオイル
 
 

CBG(カンナビゲロール):Cannabigerol

麻に含まれるカンナビノイドの一種。日本での違法性はありません。 

CBGはCBNと同じく、全体の麻に1%程度の割合で存在していて、レアカンナビノイドの1つでもあります。 

THCの働きに近いものがありますが、精神作用はありません。 

潜在的な効果として、抗菌、鎮痛、抗炎症、抗うつ、神経保護、鎮痙、抗がん、骨の成長促進などがあります。 

テルペンとの相性が良いです。 
 

CBD+CBG+CBNが摂れるグミ >>Greeus(グリース)のCBDグミ

CBGが摂れるオイル >>Naturecan(ネイチャーカン)のCBGオイル

CBG高配合を試したい方に >>Canna Tech(カンナテック)のCBG高配合CBDオイル 
 
 

CBC(カンナビクロメン):Cannabichromene

麻に含まれるカンナビノイドの一種。日本での違法性はありません。 

また、精神作用もありません。 

潜在的な効果として、抗菌、抗真菌、鎮痛、抗炎症、抗がん、抗不安、抗うつ、骨の成長促進などがあります。 
 
 

CBDV(カンナビジバリン):Cannabidivarine

麻に含まれるカンナビノイドの一種。日本での違法性はありません。 

また、精神作用もありません。 

潜在的な効果として、強い抗けいれん、吐き気抑制があり、海外ではてんかんなどに向けたCBDVベースの薬剤が開発中です。 
 
 

テルペン

テルペンとは、植物、昆虫、菌類などに含まれる脂溶性の有機化合物の総称です。 

α-ピネンリモネンリナロールβ-カリオフィレンミルセンは大麻品種の多くに含まれているテルペンです。 

カンナビノイド自体に香りはなく、大麻の特徴的な香りはテルペンによるもの。 

また、テルペンは植物の精油にも多く含まれていて、香りや作用に特徴があります。 
 

↓↓精油に含まれる成分(ピネン、リモネン、リナロール、カリオフィレン、ミルセン他)についてまとめています。↓↓ 

 

-CBD