CBD

CBD製品のアイソレート、ブロードスペクトラム、フルスペクトラムとは?

アイソレート、ブロードスペクトラム、フルスペクトラムの違い

 

CBDの『アイソレート』、『ブロードスペクトラム』、『フルスペクトラム』というのは、CBDの製造方法の名称のことです。 
 

この製造方法の違いによって、CBDに含まれる成分や価格、期待される効果も違ってきます。 
 

これらの用語や特徴を知っているだけでも、初めてCBD製品を試すときに迷わず、自分に合ったCBD選びに役立ちますよ♪  
 

 
 
 

 
 

CBD製品のアイソレート、ブロードスペクトラム、フルスペクトラムとは?違いは3つ

CBDの『アイソレート』と『ブロードスペクトラム』、『フルスペクトラム』の違いは大きく分けて3つあります。 
 

1つ目は、CBD以外の成分が含まれているかそうでないかです。  

◯ アイソレートにはCBD以外の成分は含まれていない。 

◯ ブロードスペクトラムはCBDに加えてCBD以外の成分も含まれている。 

× フルスペクトラムは麻の成分をすべて含んでいる(THCも含有)。

 

アイソレートとブロードスペクトラムには、日本で禁止されているTHCは含まれていませんが、フルスペクトラムにはTHCが含まれているので、日本で所持・使用することはできません(※THCフリーのフルスペクトラムCBD製品は除く。)。 
 

 

 

2つ目は、CBD独特の苦味やクセなど風味の面での違い。 
 

3つ目は、アントラージュ効果(相乗効果)の違いです。 
 

CBDのアントラージュ効果とは、カンナビノイド同士の相乗効果のことをいいます。CBDとCBD以外のカンナビノイドを同時に摂取することで、個々の持つ効果が増幅されると言われています。
Karisugi
 

Karisugi
アロマテラピーにおける精油のブレンドと似ていますね。
 

これだけだとちょっとわかりにくいので、それぞれの特徴を見ていきましょう☆ 
 
 

アイソレートの特徴

大麻草に含まれるカンナビノイド成分のうち、CBD(カンナビジオール)成分が約99%以上配合されているものを『アイソレート』、または『アイソレートCBD』と呼びます。 
 

CBD以外の成分はもちろん、THCも含まれていません。日本でも使用することができます。 
 

CBD独特の苦味やクセがほとんどなく、初心者でも試しやすいです。 
 

ただ、アイソレートはCBD以外の成分を含まないので、アントラージュ効果は期待できません。 
 

アイソレートは純白の粉の状態で海外から輸入さています。これを日本でオイルやリキッド、グミなどに加工して「国内産」「日本製」としているんです。100%国内産ということではないんですね。
Karisugi
 

参考:アイソレートCBD 取り扱いブランド 

>>HempMedsオンラインストア

>>新感覚フレーバータイプのCBDオイル【Feelyou Shop】

>>日本製CBDブランド【CannaTech】 
 

ブロードスペクトラムの特徴

CBDのほかに、CBD以外のカンナビノイド成分や、その他のミネラル、テルペンなど複数の成分も含んだCBD製品のことを『ブロードスペクトラムCBD』と呼びます。 
 

もちろんTHCは除去されているので日本でも使用することができます。 
 

アントラージュ効果を期待する場合は、ブロードスペクトラムCBDをおすすめします。 
 

味は、日本人好みのフレーバーで摂取しやすいように作られたものが多いですが、多少の苦味やクセは残ります。 
 

いろいろなCBD製品を試して、お気に入りを見つけてみてください☆ 
 

参考:ブロードスペクトラムCBD 取り扱いブランド 

>>Greeus 安心安全の国産CBD

>>LeepプロデュースCBDブランド【roun】発売中

>>CBDサイト専門店のNaturecan(ネイチャーカン)

>>日本製CBDブランド【CannaTech】 
 

 
 
 

フルスペクトラムの特徴

フルスペクトラムは、麻に含まれている成分をすべて含んでいます。 
 

アントラージュ効果(相乗効果)は高いですが、THCも含まれているため、日本では違法となり所持・使用などはできません。 
 

フルスペクトラムCBDに精神活性作用はなくても、薬物検査でTHCが検出されるリスクがあり、また、体内に蓄積された場合の影響もわかりません。 
 

ですが、「フルスペクトラム=違法」というわけではなく、THCが含有されたフルスペクトラム製品が違法ということです。 
 

ちなみに味はCBD特有の風味でクセが残ります。また、値段もアイソレートと比べると高いです。 
 

より安心・安全にCBD製品を楽しむためにも、THCフリーであるかの確認はしっかりしておきましょう。 
 

参考:THCフリーのフルスペクトラムCBD 取り扱いブランド 

>>+WEED【プラスウィード公式】

>>LeepプロデュースCBDブランド【roun】発売中

 

 
 
 

まとめ

CBDの『アイソレート』、『ブロードスペクトラム』、『フルスペクトラム』 比較一覧 

製法成分THCの含有違法性相乗効果特徴
アイソレートCBD(カンナビジオール)のみ含まない合法×・CBD独特の苦味やクセが軽減されている。
・アントラージュ効果は期待できない。
ブロードスペクトラムCBDと、CBD以外のカンナビノイド成分含まない合法・CBD独特の苦味やクセが残る。
・アントラージュ効果が期待できる。
フルスペクトラム麻の成分すべて含む違法(THCフリーの
フルスペクトラムCB
Dは除く)
・CBD独特の苦味やクセが残る。
・高いアントラージュ効果が期待できる。
・THCを含むので、日本では使えない(
THCフリーのフルスペクトラムCBDは除
く)。

 

-CBD