精油一覧

コパイバ精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

コパイバ精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

 
 
アマゾンの先住民は、コパイバ樹液を傷薬や鎮痛剤、抗炎症剤、防虫剤などに使っていたと言われています。 
 

コパイバ精油には、鎮痛作用や抗炎症作用が期待できる成分「β-カリオフィレン」が多く含まれているので、呼吸器系の炎症や身体の痛み、肌トラブル等に使いやすいです。 
 

コパイバの温かみのあるウッディー系の香りは、柑橘系や樹脂系の精油とブレンドの相性◎。アロマスプレー作りやオイルトリートメントに役立ててください。 

 

 

コパイバ精油|香り、成分、効能、ブレンドの相性

学名:Copaifera officinalis

科名:マメ科

抽出部位:樹脂

抽出方法:水蒸気蒸留法

オイルの色:薄い茶色

 
 

コパイバの香り

温かみのあるウッディー調の香りで、かすかに甘さもある。 
 
 

コパイバの成分

 

セスキテルペン炭化水素類のβ-カリオフィレンを多く含みます。
Karisugi
 

β-カリオフィレン 

● α-フムレン 

● ゲルマクレンD 

● α-コパエン 

● trans-α-ベルガモテン 

● β-セリネン+β-ビサボレン 

● δ-カジネン 

● ゲルマクレンA 他 
 

 
 

コパイバの効能

 

抗炎症作用。 

鎮痛作用。 

鎮静作用。 

抗菌作用。 

強心作用。 

抗痙攣作用。 

駆虫作用(蚊やダニなどに)。 

収れん作用(お肌を引き締めたいときに)。 

筋肉痛、関節炎、ニキビなどに。 

咳、喘息、気管支炎など呼吸器系の炎症に。 

ストレスや不安、緊張などをやわらげたいときに。 
 

* 妊娠中、授乳中の方は使用を控えましょう。 

* 刺激が強いので、低濃度で使用するようにしましょう。

 

 
 

コパイバとブレンドの相性が良い精油

 

オレンジ・スイート 

グレープフルーツ 

ベルガモット 

レモン 

イランイラン 

ウィンターグリーン 

サンダルウッド 

サイプレス 

シダーウッド 

ジュニパー 

パチュリ 

フランキンセンス 
 

 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-精油一覧