リラックス&リフレッシュ

「におい」を間違えればアロマも迷惑に。1人でできるアロマケアで周りに配慮!

更新日:

「におい」を間違えればアロマも迷惑に。1人でできるアロマケアで周りに配慮!

 

アロマテラピーを普段から取り入れている人にとっては、「アロマ=いい匂い」ですが、なじみのない人にとっては「臭い」「迷惑」だと感じることもあります。 

職場ではもちろん、有事の際の避難所生活でも、「におい」には気をつけないといけません。 

近頃多い災害により、避難所生活する機会も増えましたが、今回は不特定多数の人たちが集まる避難先でも使える控えめなアロマの香りや、1人でできるアロマケアのやり方をご紹介します。 
 

 
 

香りを間違えればアロマも迷惑に。香り控えめで周りを不快にさせない精油とは?

1年に1度は必ずと言っていいほど台風や地震などの天災で、避難を余儀なくされることが多くなってきました。 

一時的な避難(一晩くらい)なら、まだ耐えられるかもしれませんが、数日ともなれば、心身ともに疲れやストレスが溜まってきてしまいます。 

疲れやストレスは、不眠や免疫力の低下で体調を崩す原因にもなり、よくない状況ですよね。 

不特定多数の人たちが集まる場所でアロマテラピーを行う場合、気をつけなければいけないのが、香りのチョイスです。 

「におい」を間違えればアロマも迷惑に。1人でできるアロマケアで周りに配慮!

 

様々な年齢、人がいる避難所で、香りを間違えればそれはもはや「香害」です。かえって迷惑になるし、ストレスを与えてしまいます。これはアロマの香りに限らず、香水でもそうですよね。 

そうならないように、控えめな香り、周りを不快にさせない香りを選んだり、自分にだけふわりと香る程度のアロマテラピーを行いましょう。 

避難所でも受け入れられやすい香りの精油には、フレッシュな柑橘系やスッキリするミント系、甘すぎないフローラル系の香りがおすすめです。 
 

避難先で使うならこの精油

 

単品では物足りない方は、あらかじめ精油がブレンドされたアロマオイルがおすすめです。特に女性に心強いお守りオイルがこちら

↓↓

 

 
 

周りに配慮したアロマケアのやり方

「におい」を間違えればアロマも迷惑に。1人でできるアロマケアで周りに配慮!

 

植物や果皮から抽出した100%天然の精油(エッセンシャルオイル)は、心身の疲労やストレス、緊張や不安感、不眠など、ちょっとした不調をケアしたいときに役立ちます。 

避難所でアロマケアを行うときは、周りの人たちにも配慮ができる、自分だけの芳香浴や、アロマスプレー、ハンドトリートメントがおすすめです。 

 

1番手っ取り早く試せるのが芳香浴。 

ライフラインが整っていなくても、ディフューザーがなくても、身近にあるもので簡単にできます。 

例えば、ハンカチやティッシュ、マスク。より香りのもちを期待するならアロマシールを。 

 

アロマシールにお好みの精油を1〜2滴垂らして香りをかいだり、自分のスペースや枕元に置いておくだけ。 

アロマシールなら香りも長持ちするし、マスクや衣類に貼れば、自分のスペース内で香りを留めておけます。 

 

Karisugi
柔らかく香るアロマで、心身のリラックスに役立ててみてください。
 

また、アロマスプレーをマスクの除菌に使ったり、空間にシュッとスプレーするだけでも爽やかな香りを感じられます。 

あまり香りは持続しませんが、"ふわっと匂うくらいでいい"という方にはちょうどいいかもしれません。 
 
 

避難所でも嫌がられない香りのアロマスプレー作り|ストレスケアにおすすめ

「におい」を間違えればアロマも迷惑に。1人でできるアロマケアで周りに配慮!

 

不特定多数の人たちでいっぱいになる避難所では、心身の疲労やストレス、嗅ぎ慣れないにおいなどで眠れなくなったり、体が緊張ですっかりこわばってしまいます。  

こうした心身の疲労やストレスを少しでも和らげ、リラックス&リフレッシュするのにアロマテラピーを活用してみてはいかがでしょうか。 

100%天然の精油(エッセンシャルオイル)の香りは、ごく自然にイヤなにおいを包み込んでくれたり、沈んだ気持ちを浮上させてくれるのに役立ちます。 

ふんわり優しく香るアロマを、非常時の癒しにぜひ役立ててみてください。 
 

 
 

用意するもの

●30mlの空のスプレーボトル(あれば遮光ガラス製のスプレー容器)

無水エタノール:5ml 

精製水またはミネラルウォーター:25cc

精油:合計18滴以内

無水エタノールや精製水が準備できない場合は水で代用してください。その場合、使う前によく振って少しでも精油と混ざるようにしましょう。また、早めに使い切るようにしてください。

 
 

■ アロマスプレーの作り方 
 

step
1
スプレーボトルに無水エタノールを入れる。

  

step
2
1に精油を垂らし、よく振り混ぜる。

Karisugi
気になるブレンドレシピをお試しください。
 

ブレンドレシピ1

〜イヤなにおい対策に〜 

オレンジ・スイート:5滴

ペパーミント:7滴

グレープフルーツorレモンFCF:6滴

 

ブレンドレシピ2

〜疲れやストレスに〜 

ゼラニウムorローズウッド:2滴

ベルガモットFCF:7滴

ラベンダー:9滴

 

ブレンドレシピ3

〜リラックスしたいときに〜

オレンジ・スイート:8滴

ベルガモットFCF:6滴

ラベンダー:4滴

 

step
3
2に精製水またはミネラルウォーターを入れる。

 

step
4
フタをしてよく振り混ぜて、完成!

精油が浮き上がりがちになるので、使う前にはよく振ってください

空間に、リネンに、マスクに、アロマスプレーをシュッと吹きかけると、甘く爽やかな香りが広がって、何度も深呼吸してしまいます。 
 

深い呼吸を繰り返すことで、不安やストレスにより無意識のうちにこわばっていた体の筋肉が緩み、リラックス&リフレッシュできますよ。
香りの持続も短いので、周りに配慮しつつ、香りを楽しみたいときにおすすめのアロマスプレーです。
Karisugi
 

 
 
 

まとめ

ディフューザーなどを使うと周りにも拡散されてしまうので、アロマの匂いが嫌いな人にとっては迷惑になります。 

不特定多数の人たちが集まる場所では、周囲の人に配慮しつつ、1人でも楽しめるアロマケアで疲れやストレスを癒しましょう♪ 
 
 

今回ご紹介した材料

 

 

 

 

 

 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-リラックス&リフレッシュ

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.