アロマの基礎

精油の遮光瓶の洗い方|小瓶は捨てずに再利用!

更新日:

精油の遮光瓶の洗い方

 
 

Karisugi
使い終わった精油の小瓶(遮光瓶)ってどうしてます?
洗って再利用?それとも資源ごみ行き?
精油の性質を知っている方なら、ガラス製の遮光瓶を捨てるなんてもったいないって思いますよね。
 
 

 

精油の小瓶は洗えば何度でも再利用できる!

精油の小瓶(遮光瓶)はおうちで洗って再利用できます。 
 
手作りのアロマオイルを保存するのに最適で、サイズも小さく軽いので、持ち運びの際もかさばりません。 
 
精油の小瓶だけじゃなく、ホホバオイルなどのキャリアオイルの遮光瓶も、同じ手順で洗って再利用できます。 
 
 

遮光瓶の洗い方

精油の遮光瓶の洗い方

 

1.精油を洗う前に、ドロッパー(中ぶた)を取り外します。

ゴム手袋などをして、精油の原液が肌に付かないように気をつけましょう。 
 

2.台所用の中性洗剤を遮光瓶の中に数滴入れたら、熱湯を瓶の1/4〜半分くらいまで入れます。

熱湯で火傷しないように注意してください。 
 

3.キャップを閉めて、よく振ります。

熱湯で火傷しないように注意してください。 
 

4.瓶の中身を流します。

2〜4をにおいが残らなくなるまで繰り返します。 
 
小瓶を洗えるくらいの細いブラシがあれば、流す前に小瓶の中を洗います。 
 
においが残る場合は、無水エタノールを1/4〜半分くらい入れ、ふたをしてよく振ります。だいたいこれでにおいが取れます。 

無水エタノールも肌に付かないように気をつけてください。もし付いてしまっても、すぐに洗えばOKです。 
 

Karisugi
小瓶用の小さいブラシもけっこう使えます。Karisugiは手っ取り早く洗いたいとき、小瓶に洗剤とぬるま湯を入れたら、このブラシでシャカシャカ洗って終わらせます。
普通に洗えますが、やはり熱湯のほうがにおいが取れるのが早いし、水切れも良い気がします。やりやすいほうで洗ってみてください。
 
 

しっかり消毒したいときは煮沸消毒がおすすめ ↓↓

 
 
 

洗った遮光瓶を手作りアロマオイルの保存に再利用!

精油の遮光瓶の洗い方

 

精油やキャリアオイルの遮光瓶は、販売元や内容量によってサイズが違うので、アロマオイルの用途に合わせて使い分けるといいですよ。 
 

旅行やお泊まり用、スキンケア用に小分けにして持ち運びたいときは3mlの遮光瓶、 
 

1回分のアロマバスオイル用に使いたいときは、5mlの遮光瓶、 
 

全身のアロマトリートメントや、普段のセルフケア用にマッサージオイルとして使いたいなら、25〜30mlの遮光瓶・・・というように。 
 

プラスチック容器と違い、何度も洗って再利用できるので、特に自作のブレンドオイル作りが好きな方には、容器代節約になって良いのではないでしょうか♪ 
 
 

おまけ:アロマオイル・スプレーの小分けにおすすめの遮光瓶

精油は日光を嫌います。また、プラスチックを溶かす成分を含む精油もあるので、保存容器は遮光性&ガラス製のものをおすすめします。 
 

精油の小瓶と同じように、遮光性のガラス容器も洗って再利用ができます。 
 

手作りのアロマオイルやアロマスプレーなどを小分けにして持ち運びたい時、大きすぎず、でも少しは容量が欲しい時に、ミニサイズのボトルは普段使いからお出かけにも邪魔にならず、サッと使えますよ☆ 
 

 

 

 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

  

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アロマの基礎

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.