のど・せき・たん

免疫力アップと抗ウイルスに役立つ精油を使った効果的なアロマケア

免疫力アップと抗ウイルス作用のある精油で簡単セルフケア

 

アロマテラピーには、ストレス緩和やリラクゼーションはもちろん、感染症予防や免疫力アップに役立つ精油を使ったアロマケアの方法が数多くあります。 
 

特にウイルス対策が目的のアロマケアは感染前に行うことがポイント。 
 

免疫力アップと感染症予防に役立てられるよう、このページでは、 
 

免疫力アップ&抗ウイルス作用に優れた精油とブレンドレシピ、それらを使ったアロマケアの取り入れ方をご紹介します。 
 

「免疫力アップやウイルス対策にアロマを取り入れたいけど、どういうやり方があるのか分からない」という方に、具体的な方法をご紹介していきます。季節を問わず使えますよ♪ 
 
 

 
 

免疫力アップ&抗ウイルス作用に優れた精油

免疫力アップと抗ウイルス作用のある精油で簡単セルフケア

 

ティートリー 

ユーカリ・ラディアータ 

ラヴィンツァラ 

ユーカリ・グロブルス 

ローズマリー・シネオール 

ラベンダー 

レモン 

ベルガモット 

ペパーミント 
 

特に抗ウイルス作用に優れたティートリー、ユーカリ・ラディアータ、ラヴィンツァラは感染症予防に必須の精油です。 
 

 

また、ラベンダーは免疫力が下がりがちなご年配の方にもおすすめ。 
 

免疫向上の根拠として、ある研究では、ラベンダー精油を用いたトリートメントを高齢者に継続的に行ったところ、ラベンダー精油を使わなかった他の高齢者グループに比べて、NK細胞活性値が上昇することが確認できたそう。(参照:「香り」を媒介としたケアによるストレス軽減と免疫賦活効果の検討|伊藤あづさ) 
 

NK細胞というのは、リンパ球の1つで、ウイルスや、ウイルスに感染した細胞や腫瘍細胞などを破壊し、無毒化する働きを持っています。
Karisugi
 

Karisugi
だるさや痛みなどの不快感を感じやすいご年配の方や、特に妊娠初期の不安定な時期には、ラベンダーの香りが心身の緊張や不安感をやわらげてくれます。また、痛みや炎症を鎮めたり、感染症予防、免疫力アップにも役立ちます。
 
 
 

アロマケアの取り入れ方

香りをかぐだけ 芳香浴

免疫力アップと抗ウイルス作用のある精油で簡単セルフケア

 

1番簡単で取り入れやすいのは、香りをかぐ芳香浴です。 
 

精油に含まれる芳香成分は、鼻から脳へ伝わることで、また呼吸で肺から毛細血管へ吸収されることで、心身に様々な影響を与えます。 
 

インフルエンザウイルスに感染する前にユーカリ・ラディアータの香りを吸入させていたマウスは、感染後に香りを吸入した又は全く吸入しなかったマウスより生存率が高かったという研究結果も。(参考;植物精油の直接接触および芳香暴露の抗インフルエンザウイルス作用に関する研究)
Karisugi
 

芳香浴は、アロマディフューザーアロマシールティッシュ・ハンカチなどがあればOK。 
 

お部屋に香りを広めたいときはアロマディフューザーを。パーソナルスペースで行うときは、アロマシールやティッシュ・ハンカチに精油1〜2滴垂らして香りをかぐだけ。 
 

また、時間があればマグカップ吸入もあわせて行うと良いですよ。 
 

ただ、精油1本だと"においが苦手だなぁ"と感じるものもあると思います。 
 

そういうときに、数種類の精油をブレンドして作るアロマスプレーやオイル等が役に立ちます。 
 
 

全身に使える アロマオイル

免疫力アップと抗ウイルス作用のある精油で簡単セルフケア

 

オイルトリートメント(マッサージ)やアロマバスのように、精油の芳香成分を皮膚から吸収させることで、消化器官→血液→全身へと行きわたります。 
 

精油には多くの成分が含まれていて、期待できる効果も1つや2つではありません。 
 

複数の精油のブレンドによる相乗効果を期待したいときや、「苦手な香りだけど使いたい」ときに、手作りアロマオイルを使ったトリートメント(マッサージ)が役に立ちます。 
 

用意するもの

 

精油をお肌に使いたいときは、必ずキャリアオイル(ホホバオイルなど精油を希釈するオイル)を使います。
Karisugi
 
 

作り方

1. プラスチックボトル(または遮光瓶)にホホバオイル クリア(ほかのキャリアオイルもOK)を入れます。 
 

2. ブレンドレシピの精油を入れ、ふたをしっかり閉めてよく振り混ぜます。これでアロマオイルの完成です。 
 

ホホバオイル クリアは無臭で精油の希釈に向いていますが、冬場は固まりやすいです。なので寒い時期はスクワランかスイートアーモンドオイルをおすすめします。
Karisugi
 

 
 

トリートメント(マッサージ)のやり方

オイルを少量手に取り、耳の下、顎下、首、デコルテ、胸回り、そして、オイルの浸透が早い前腕に塗ります。余裕のある方は手が届く範囲で背中側にも塗ってみてください。 
 

アロマオイルの良いところは、薬と違って塗るタイミングや回数が自由なところ(精油濃度1%の場合)。 
 

全身のトリートメントを行うときは、お風呂上がりの温まった皮膚に使うのがベストですが、狭い範囲に部分的に塗るときは、自分が気になったタイミングで使ってOKです。 
 

トリートメント(マッサージ)後は、使い捨てのペーパータオルかティッシュで余分なオイルを拭き取ってください。 
 

また、すでに軽く違和感があるときや、治りかけの場合は精油濃度を2〜3%にして2時間おきに塗るのがおすすめ。 
 

こまめに塗りたいときは持ち運びに便利なロールオンボトルを。手を汚さずさっと濡れます。 
 

Karisugi
アロマトリートメントを行う前に、パッチテストをしてアレルギーがないか事前に確認しましょう。
 
 
 

空間やモノの除菌・抗菌に アロマスプレー

手作りのアロマスプレーは、マスクや空間、ドアノブ、テーブル、トイレなど幅広く使えて便利。 
 

抗ウイルス作用に優れた精油をブレンドして作れば、普段使いしやすく外出先にも持ち歩きたくなります。 
 

 
 
 

精油のブレンドレシピ

 

抗ウイルス作用に優れている精油は、シャープな香り、クセのある香りのものが多いですが、ブレンドすることで香りがやわらぎ使いやすくなります。 
 

香りの強さの好みもあると思うので、30mlで作る場合で、精油濃度1%(合計6滴)と2%(合計12滴)の滴数も載せておきます。 
 

1%はふんわり香る程度で香りの持続はあっという間です。2%は1%より滴数は多いですが、こちらもしつこくにおいが残ることはありません。 
 

においに敏感な方は1%から試してみましょう。 
 
 

ブレンドレシピ1

森林系のフレッシュで爽やかな香り。かすかにレモン調の香りも感じる。 

ティートリー(1%:2滴、2%:3滴) 

ユーカリ・ラディアータ(1%:2滴、2%:4滴) 

ラヴィンサラ(1%:1滴、2%:2滴) 

レモンFCF(1%:1滴、2%:3滴) 
 

ブレンドレシピ2

ミント系の香り。かすかにウッディーも感じる。 

ティートリー(1%:2滴、2%:3滴) 

ユーカリ・ラディアータ(1%:1滴、2%:3滴) 

ラベンダー(1%:2滴、2%:4滴) 

ペパーミント(1%:1滴、2%:2滴) 
 

ブレンドレシピ3

◆ ハーブ系のすっきりした香り。湿布を想像させる香り。 

ティートリー(1%:2滴、2%:4滴) 

ローズマリー・シネオール(1%:2滴、2%:3滴) 

ペパーミント(1%:1滴、2%:2滴) 

レモンFCF(1%:1滴、2%:3滴) 
 

 

 
 
 

アンチウイルスに特化 人気のブレンドエッセンシャルオイル&アロマスプレー5選

 

という方におすすめなブレンドエッセンシャルオイルをご紹介します。アロマの香りに馴染みがない方でもあまり抵抗感なく受け入れられる優しい香りです。 
 

今回ご紹介した精油も配合されています。 
 

※ブレンドエッセンシャルオイルは芳香浴にお使いください。 
 

商品名:アンチウイルス 

ティートリー、ユーカリ・グロブルス、ラベンサラなどが配合されたブレンドエッセンシャルオイルです。 

スッキリとした清々しい香り。ウッディー系の香りが好きな方に好まれます。 
 

 

商品名:@アロマ クリーンエアー 

清潔感のある香りで、空間をクリーンに心地よく整えたいときにおすすめのブレンドエッセンシャルオイル。 

【クリーンミント】にはユーカリ・グロブルス、ローズマリー、ティートリーが。【クリーンシトラス】にはユーカリ・グロブルス、ユーカリ・ラディアータ、レモンなどが配合されています。 
 

 

商品名:ウインターブレンド 

ティートリー、ユーカリ・ラディアータ、ラベンダーなど免疫系に働きかけてくれる精油がブレンドされています。 

優しく温かみのある香りで、薬品臭がありません。子供にも人気の香りです。 
 

 

商品名:ウイルスクリーン 

ユーカリ・ラディアータ、ティートリー、ラヴィンサラが配合されたアロマスプレーです。 

スッキリとした清潔感のある香りです。 
 

 

商品名:アロミックフロー 

水なしで使えて衛生的、香りの付け替えが簡単にできるアロマディフューザーです。 

オイルボトルを本体にセットするだけで芳香浴が楽しめます。専用オイル(お好きな香り40ml1本)も選べます。 

オイルは【アンチウイルス】をおすすめします。 
 

 
 
 

番外編:1秒でできる、免疫力を高める方法

免疫力はストレスと密接な関係にあり、大きく長く続くストレスは、脳の「視床下部」というところに良くない影響を及ぼします。 
 

視床下部は免疫や自律神経、ホルモンなどのバランス調整を行っているので、ここのバランスが乱れれば、当然、心身に様々な悪影響が出てくるんです。 
 

免疫力は加齢とともに低下していくと言われています。免疫力が下がると、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなったり、疲れやすくなったり、花粉症やアトピー・肌トラブルが現れやすくなるなど、様々な影響が出てきます。また、妊娠中の人も免疫力が下がり、風邪をひきやすい状態です。 
 

1秒でできる、免疫力を高める方法

 

免疫力を高める1番簡単な方法は、『よく笑うこと、笑顔を作ること』です。 
 

笑うと免疫細胞が働き、たとえ作り笑いでも、口角を上げるだけでも、免疫力がアップすると言われています。 
 

Karisugi
「笑顔を作る」ことなら1秒でできますよね。"嫌な出来事があったとき、悲しいとき、疲れたときほど笑顔の表情を作ろう"というのは、そういうことだったんですね。
 

免疫力は20歳を過ぎたあたりから徐々に落ちていきます。  
 

「風邪は万病のもと」とよく言われますが、同じように疲れやストレスは、「免疫力低下のもと」の1つだと言えます。 
 

Karisugi
仕事・家庭・プライベート、季節・気候・気温など、日常で受けている心や体への負担はけっこう大きいものです。
 

また、日本人は低体温(35度台〜36度台)の人が多いですが、これも免疫力の低下と関係しています。 
 

基礎体温(平熱)を上げることも免疫力アップにつながるんです。 
 

 
 
 

まとめ

アロマテラピーは「芳香療法」とも言われていて、精油に含まれる芳香成分(香り)をかぐだけで作用があると言われています。 
 

免疫力アップや抗ウイルス対策のアロマケアを行うときは、不調にならないように予防として取り入れるのがおすすめです。 
 

抗ウイルス作用が高い精油はシャープでスッキリした香りが多く、苦手だなと感じるかもしれませんが、数種類ブレンドして作ることで香りがやわらぎ使いやすくなります。 
 

"免疫力を高めたい"、"ウイルス対策したい"というときにも良いですが、日常のセルフケアとしても取り入れやすいので、じゃんじゃん作って試してみてくださいね☆ 
 

注意すること

● 苦手な香りは無理に使わないでください。アロマテラピーは、芳香成分(香り)が脳に直接働きかけることで作用します。「クサイ」「苦手だな」と思いながら嗅ぐと十分な効果が期待できないこともあります。「苦手だけどどうしてもその精油を使いたい」という場合は、数種類の精油とブレンドすることで香りの印象が良い方に変わることがあるので、今回ご紹介したブレンドレシピも参考にしてみると良いですよ。
● 初めて精油をお肌に使う前はパッチテストを行い、アレルギーがないか確認しましょう。
● 同じ精油を長期間使うのではなく、今回ご紹介した精油数本をローテーションで使ったり、同じ精油がかぶらないようにブレンドしたりするのがおすすめです。
● 精油の原液を直接肌につけないようにしましょう。
● 妊娠中や乳幼児、高血圧、てんかん、敏感肌の方は控えた方が良い精油もあります。使う前にご確認ください。
● 精油は薬ではなく、アロマケアは医療行為ではありません。
● 当記事やブログ内記事の内容に関するトラブルの責任は負いかねます。

 
 

今回ご紹介した材料

 

 

 

 

 

 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 
 
風邪のひき始めに〜ティートリーとラベンダー精油の原液塗布〜
風邪のひき始めにアロマでできること|精油の原液塗布&マグカップ吸入

  風邪のひき始めに感じるのどの違和感など、風邪のサインを感じたら、ティートリーやラベンダー精油の原液塗布、マグカップでの吸入、手作りアロマオイルが役立ちます。    ひき始めなら、おうちで栄養のある ...

続きを見る

 

 

 

-のど・せき・たん
-,