メディカルアロマ

ウイルス予防に効果的なアロマ精油3選|使い方やブレンドレシピも紹介

更新日:

インフルエンザ予防に効果的なアロマ精油3選

 

抗ウイルス作用(今回はインフルエンザウイルス)にすぐれた精油に、ティートリーユーカリ・ラディアータラベンサラ(ラヴィンツァラ)があります。 
 

エンベロープウイルスであるインフルエンザウイルスには、アルコールによる消毒が予防対策として効果的ですが、今回ご紹介する精油も、インフルエンザウイルスに効果が期待できることが分かっています。 
 

ちなみに新型コロナウイルスもエンベロープウイルスです。今回はインフルエンザウイルスに関する研究結果をご紹介します。
Karisugi
 

お肌に直接つけて使うことはできませんが、ディフューザーやティッシュ・ハンカチを使った芳香浴、手作りのアロマスプレーでうがいや手指・マスク除菌などに活用できます。 
 

手洗いやアルコール消毒にプラスして、精油をウイルス対策に役立ててみてはいかがでしょう。 
 

 

インフルエンザ予防に効果的な精油3選

抗菌・抗ウイルス作用の働きを持つ精油で、インフルエンザ予防に効果が期待できるとされる精油がコチラ!! 

ティートリー 

ユーカリ・ラディアータ 

ラベンサラ(ラヴィンツァラ) 
 
ティートリーは人によっては薬くさいと感じるシャープな香りです。 
 
ユーカリ・ラディアータはシトロネラに似た甘いレモンのような香りがします。 
 
ラベンサラ(ラヴィンツァラ)はユーカリのようなすーっとした爽やかな香りです。 
 
ユーカリ・ラディアータとラヴィンツァラは作用が穏やかなのと、香りもそれほど薬っぽくないので、子供にも使いやすい精油ですよ。 
 

 

ゆっくり深呼吸をしながら香りを吸うと、体の中から浄化されるような清々しさを感じます。 

精油の作用には、ウイルス対策だけじゃなく、イライラや不安などメンタル面に働きかけてくれるものも多くあります。 

疲れた時のリラックスタイムにもおすすめです。 
 

  
 
 

インフルエンザ予防にアロマが期待できる理由

インフルエンザ予防に効果的なアロマ精油3選

 

マウスの実験では、ユーカリ・ラディアータの香りをインフルエンザウイルスに感染する前に吸入させたところ、全く吸入しなかった、または感染後に吸入させたマウスより生存率が高かったという実験結果があります。 
 
また、ティートリー、ラベンサラ(ラヴィンツァラ)、ユーカリ・ラディアータの精油を感染細胞へ直接添加したところ、ウイルス減少を示したこともわかっています。( 参照:植物精油の直接接触および芳香暴露の抗インフルエンザウイルス作用に関する研究) 
 

治療目的でアロマテラピーを行うことはできませんが、精油のもつ働きを知っていれば、リラクゼーションだけにとどまらず、様々な場面で自分に合ったアロマケアを試せるようになりますね。
Karisugi
 
 
 

ウイルス対策への精油の使い方

インフルエンザ予防に効果的なアロマ精油3選

 
 
インフルエンザ予防に簡単に取り入れられるのが、芳香浴やアロマスプレーマウスウォッシュです。 
 

 

 
 

マウスの実験を参考にするなら、インフルエンザに感染する前に、予防として取りれるのがポイント! 

Karisugi
ユーカリ・ラディアータの精油は子供でも使えるので、香りを嫌がらなければ使ってみてもいいかもしれません。
 
 

使い方1:マスクの外側に、選んだ精油をそのまま1滴垂らす。 
 

使い方2:アロマスプレーを作ってマスクの外側にスプレーする。 

公共の場や職場での予防を意識するなら、マスクに精油を垂らしたり、手作りアロマスプレーを使うのがおすすめ。 
 

 
 

使い方3:ディフューザーに選んだ精油を5滴垂らし、香りを拡散させる。 

リビングや寝室ではディフューザーなどで香りを拡散させれば、空気の浄化にも役立ちます。 
 

使い方4:ハンカチやティッシュに精油を1〜3滴垂らしたものを身近に置き、香りを拡散させる。 
 
 

ティートリー、ユーカリ・ラディアータ、ラベンサラ(ラヴィンツァラ)の精油の中から単品で使うのも良いですが、ブレンドする場合は柑橘系の精油やラベンダー精油と香りの相性が良いので参考までに。
Karisugi
 

ティートリー、ユーカリ・ラディアータ、ラベンサラ(ラヴィンツァラ)とのブレンドには、オレンジ・スイート、ベルガモット、レモン、ユーカリ・グロブルス、ラベンダーが香りの相性が良く、呼吸器系の不調を整えたり、免疫力アップも期待できるのでおすすめです。 
 
 

インフルエンザ予防に|手作りアロマスプレー【ブレンドレシピ】

 

アロマスプレーを作る際の参考までに、ブレンドレシピをご紹介します。 
 
(無水エタノール3ml、精製水27ml、精油濃度3%のブレンドレシピ) 
 

ブレンドレシピ1

 

ブレンドレシピ2

 

 

ブレンドレシピ4

 
 
 

まとめ

抗ウイルス作用(今回はインフルエンザウイルス)にすぐれた精油3本をご紹介しました。 
 

数種類の精油をブレンドすることで香りの印象も変わるので、"単品では精油の香りがちょっと苦手"という方は、ブレンドレシピも参考にしてみてください☆ 
 

とはいえ、いくら"ウイルス対策にいいから"といっても、アロマの匂いが苦手な人もいるので、ディフューザーなど周囲に香りが拡散されてしまうものは、職場で使う場合はじゅうぶん配慮しましょう。 
 

また、ウイルス対策に期待できるとはいえ、精油は薬ではありません。 
 

あくまで予防やセルフケアの一つとして、アロマテラピーを活用することをおすすめします。 
 

基本は、手洗いやアルコール消毒、うがい、人混みを避けたり、規則正しい生活で免疫力を下げないことです。 
 
 

今回ご紹介した材料

 

 

 

 

 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-メディカルアロマ
-

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.