アロマの基礎

レスキューアロマでストレス、不眠、筋肉痛をセルフケア|アロマオイルの作り方

更新日:

レスキューアロマでストレス、不眠、筋肉痛をセルフケア|アロマオイルの作り方

 

Karisugi
ストレスだけじゃなく、不眠や筋肉痛など日常のちょっとしたプチトラブル対策にも役立つ、困ったときの「レスキューアロマオイル」の作り方とブレンドレシピをご紹介します。精油同士を混ぜるだけの簡単アロマオイルですが、ちょっとした不調のケアに役立ちますよ♪
 
 

アロマオイルで芳香浴をしたことはあっても、自分で精油をブレンドしてアロマオイルを作る機会はあまりないと思います。 
 

まず「精油ってなに?」ですよね。 
 

詳しくは↓↓にも載せていますが、大まかにいうと、「植物の花・葉・果皮からとった100%天然のオイル」のことです。 

 
 

精油ごとに成分や心身への働きかけが違うので、これを利用してちょっとした不調のケアに役立てることもできます。 
 

その1つが、自分で精油同士をブレンドして作るアロマオイルです。 
 

ストレスだけじゃなく、不眠や筋肉痛など日常のちょっとしたプチトラブル対策にも役立つので、困ったときの「レスキューアロマオイル」と呼んでいます。 
 

そして、この手作りアロマオイルを使ったリンパケアが好相性なんです。 
 

リンパケアのやり方は↓↓を参考までに・・・。 

 
 

この記事内では、リンパケアに使うアロマオイルのブレンドレシピをご紹介します。 
 

全身じゃなくてもOK。気になる部位や、ハンドトリートメント(マッサージ)に使うのでも良いんです。 
 

精油単品だときついと感じるにおいもあるので、数種類ブレンドしています。 
 

ちなみに既製品のアロマオイルは、100%天然のものではなく、芳香浴に使いやすいように希釈されて(薄められて)います。リンパケアなど、お肌に塗ってマッサージするときには使えません。
お肌に使いたいときは、精油(エッセンシャルオイル)をホホバオイルなどのキャリアオイルか、無水エタノール+精製水などで薄めてから使います。
Karisugi
 
 

アロマの効果効能に興味がある人におすすめの本がこちら↓↓ アロマの香りによる心身への効果など、「アロマが〜に良い」という根拠を知りたい方には有益な情報ばかりです♪   

 
 
 

 
 

基本のアロマオイルの作り方

レスキューアロマでストレス、不眠、筋肉痛をセルフケア|アロマオイルの作り方

 

準備するもの

遮光瓶30ml用

ホホバオイルorその他キャリアオイル:30ml

*精油:6〜12滴(精油濃度1〜2%)

 
 

step
1
遮光瓶にホホバオイルを入れる。

 

step
2
1に精油を垂らす(ブレンドレシピ参考)。

 

step
3
フタをしてよく振り混ぜて、完成!

 
 

Karisugi
精油を使ったアロマクラフトをお肌に使うときは、事前にパッチテストをして、アレルギーがないことを確認してから使いましょう。
 
 

 
 
 
 

レスキューアロマ ブレンドレシピ〜イライラや不安などストレスケアに〜

レスキューアロマでストレス、不眠、筋肉痛をセルフケア|アロマオイルの作り方

 

ストレスは筋肉の緊張を高めるため、肩や首のコリ、背中や腰の痛みなどを引き起こすこともあります。 
 

また、自律神経のバランスやホルモンバランスが乱れる原因にもなります。 
 

何かとイライラしてしまうとき、ストレスを溜め込んでしまうときは、リラックス&リフレッシュ効果が高い香りのブレンドレシピを作ります。 
 
 

ブレンドレシピ1|とにかくリラックスしたいとき

〜甘酸っぱい花の香り〜

ベルガモットFCF:6滴 
 
ラベンダー:5滴 
 
イランイラン(通常のものかエクストラ)orゼラニウム:1滴 
 

ブレンドレシピ2|気分をリフレッシュしたいとき

〜柑橘とミントのフレッシュな香り〜

グレープフルーツFCF:6滴

ベルガモットFCF:5滴

ペパーミント:1滴 
 

ブレンドレシピ3|ストレスによる体のこわばりをほぐしたいとき

〜ハーブ系のスッキリした香り〜

サイプレス:5滴

レモンFCF:5滴

ローズマリー・カンファー:2滴 
 

 
 
 
 

レスキューアロマ ブレンドレシピ〜眠れないときに〜

レスキューアロマでストレス、不眠、筋肉痛をセルフケア|アロマオイルの作り方

 

「眠れない」理由はいくつかあります。例えば、体はくたくたなのに眠れないのは、日中のストレスや緊張などで興奮した状態が続くことで、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなることが原因の1つと考えられています。 
 

ほかにも、不安・心配事があって眠れなくなることもあります。 
 

気力・体力の回復には質の良い睡眠が欠かせません。疲れているのに眠れないときや、不安や心配事でモヤモヤするときは、リラックス効果が高い花系の精油と、気持ちを明るくする柑橘系精油でブレンドレシピを作ります。 
 

どのブレンドレシピも、なんども深呼吸したくなるような心地よい香りですよ♪ 
 
 

ブレンドレシピ1

〜甘酸っぱい柑橘とエキゾチックな花の香り〜

イランイラン:1滴

オレンジ・スイートorベルガモットFCF:4滴

レモンFCF:3滴

ラベンダー:4滴 
 

ブレンドレシピ2

〜ほんのりバラのような香りで落ち着きのある香り〜

ゼラニウム:3滴

フランキンセンス:4滴

ラベンダー:5滴 
 

ブレンドレシピ3

〜温かみのある香り〜

オレンジ・スイート:4滴

スイート・マージョラム:3滴

ラベンダー:5滴 
 

 
 
 
 

レスキューアロマ ブレンドレシピ〜「筋肉痛になる前に」がポイント〜

レスキューアロマでストレス、不眠、筋肉痛をセルフケア|アロマオイルの作り方

 

「いつもより体を動かしたな」「普段使わない部位を酷使したな」と感じたら、その日の夜のうちにセルフケアをするのがポイントです。筋肉痛になってから行っても、あまり効果を実感できません。 
 

 

 
 

次の日、筋肉痛になりそうなときは、疲れやだるさをやわらげたり、痛みを鎮める効果が期待できる精油をブレンドします。香りの好みで選んでみてください♪ 
 
 

ブレンドレシピ1

〜目が覚めるようなスッキリとした香り〜

ローズマリー・カンファー:3滴

ユーカリ・グロブルス:2滴

レモングラス:3滴 
 

ブレンドレシピ2

〜フレッシュな花の甘い香り〜

ゼラニウム:2滴

ラベンダー:7滴

クラリセージ:3滴 
 

ブレンドレシピ3

〜ちょっぴりスパイシーな香り〜

ブラックペッパー:2滴

ローズマリー・カンファー:2滴

レモンFCF:6滴 
 

リンパケア(マッサージ)を行うときは、筋肉痛になりそうな部位にブレンドオイルを塗り、マッサージするようにもんだり、さするように流します。
肩コリ・首コリにもおすすめです。
Karisugi
 
 
 
 

小分けにして持ち歩きたいときには、ロールオンボトルが使える!

「少量ずつ塗りたい」「手を汚したくない」ときは、ロールオンボトルがピッタリ! 
 

程よい圧を加えながらコロコロ転がせば、手を汚さずまんべんなく塗りたい部位に使えます。 
 

肩にコロコロしてコリをほぐしたり、手首の内側にコロコロして香りを楽しんだり・・・ ガラス製で洗ってまた使えるので、1本あると便利ですよ♪ 
 

 
 
 
 

おわりに

アロマテラピーで使う精油の香り成分は、イライラや気分の落ち込み、不安感、不眠、体が緊張してこわばるなどのプチトラブルを癒したりやわらげたいときに役立ちます。 
 

特に「アロマオイル+リンパケア」はリラクゼーション効果が高く、免疫力アップにも役立つので、ストレスケアだけじゃなく、風邪などのウイルス対策にもおすすめです。 
 

また、筋肉痛など痛み対策にも使えるので、今回ご紹介したレスキューアロマ ブレンドレシピをいろいろなシーンで体感してみてください。 
 
 
 

今回ご紹介した材料

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アロマの基礎
-,

error: Content is protected !!

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.