商品レビュー

敏感肌におすすめの「ヴァントルテ」お試しを使ってみた結果

敏感肌におすすめの「ヴァントルテ」お試しを使ってみた結果

 
 

超敏感肌の私が「ヴァントルテ」お試しを選んだ理由と使ってみた結果をレビューします。 
 

クレンジング不要で石鹸で落ちるファンデということで、肌に負担をかけたくない方や、敏感肌の方におすすめです。 
 
 

 

肌荒れがひどく基礎化粧品もメイクも一切できなかった6年間

30歳を過ぎてから、ちょっと冷たい空気に触れただけで肌がピリピリしたり、かぶれたように赤くなることが多くなり、遂にはそれまで使っていた化粧品や日焼け止めで顔が腫れ上がるほどの炎症を起こすようになりました。 
 

きっと色々な要因が重なったのだと思いますが、はっきりとした原因はわかりません。 
 

皮膚科に行ってもステロイドを出されるだけなので、メイクどころかスキンケアすらできない状態が何年も続きました。この頃は、アロエキスベビーバランス、手作り化粧水など、とにかく肌に刺激にならない、負担のないものを使っていました。 
 

こういう時って、顔を洗おうにも、ぬるま湯も水もしみるし、本当に肌のバリア機能がめちゃくちゃな状態になるんですよね。 
 

敏感肌におすすめの「ヴァントルテ」お試しを使ってみた結果

 

ですが、超敏感肌で手がつけられなかった肌も、化粧品を一切使わなくなってから約6年で、やっと落ち着いてきました。 
 

とはいえ、季節の変わり目や花粉の時期は、黙ってても少し風が当たっただけで痒くなったり湿疹のようにポロポロ出たり、赤くなったりします。 
 

ですが腫れ上がって顔面崩壊が常だった頃と比べたらマシになった方です。 
 

この頃から、「そろそろお化粧しないと人前に出られない」と思い、とにかく肌がかぶれたりしないものを!と探し始めました。 
 
 

「オンリーミネラル」を経て「ヴァントルテのミネラルファンデーション」へ

敏感肌におすすめの「ヴァントルテ」お試しを使ってみた結果

 

オンリーミネラルは、超敏感肌でどうにもならなかった頃にお世話になったファンデーションです。 
 
こちらも最初はトライアルキットを使ってみて、肌のかぶれ等トラブルがなかったので使い続けていました。 
 

初めて使ったのがオンリーミネラル実感セット

 

オンリーミネラルはどちらかというと美白とカバー力、 

ヴァントルテ保湿力とカバー力という感じがします。 
 

どちらも洗顔料だけで落とせて、クレンジングが不要の肌に優しいファンデーションですが、私は超敏感肌に加えて乾燥肌なので、今度はヴァントルテのお世話になろうと思いました。 
 

ちなみに、オンリーミネラルはブラシタイプ、ヴァントルテはパフがついてきます。 
 

ブラシがいいかパフがいいかは個人の好みになりますが、ブラシは毛が密集していて、一度洗うと乾くのに時間がかかるので毎日洗えず、衛生的に良くないかなと感じました。あと、肌が敏感になっているときはチクチクします。 
 

Karisugi
粉(ルース)タイプのファンデは粉が飛び散ることが多いので、服の襟もとにティッシュをはさんで、粉がつかないように気をつけています。
 
 
 

どちらも購入の決め手はクレンジングが不要だったこと

敏感肌におすすめの「ヴァントルテ」お試しを使ってみた結果

 

敏感肌・乾燥肌・混合肌・脂性肌全てに対応しているというのもそうですが、1番はクレンジングが不要というのが決め手でした。 
 

私のような超敏感肌でクレンジングは肌への拷問です。 
 

石けんや洗顔料だけで落とせる化粧品を選ぶのは必然ですよね。 
 

あと、これはあとから気づいたのですが、マスクについたファンデーションも簡単に落とせるところも、使い勝手がいいなと思いました。 
 

 
 
 

「ヴァントルテ」お試しを使ってみた結果と感想

敏感肌におすすめの「ヴァントルテ」お試しを使ってみた結果

 

使い心地

お試し用ということもあり、容器が小さく粉(ルース)がパフに付けにくかったこと以外は、特に問題なく使えました。 
 

実物がコチラ

ヴァントルテ レビュー1

全セット内容です。右上から、「ハイライトベージュ」、下が「ライトベージュ」左が「ふわふわエアリーパフ」です。

ヴァントルテ レビュー2

お試し用なので、パフに対してファンデの容器が小さいです。容器を逆さにして、小刻みに振りながらパフにつけました。

 

通常サイズだと、特殊なネットが容器の内側についていて、パフで押さえると必要な量だけつけられるみたいです。 
 

パフを肌にのせる時は、ポンポンと軽く叩くように少しずつ馴染ませると、薄付きながらもちょっとだけカバー力がアップするように思います。
肌に伸ばすように滑らせるとかえって毛穴が目立ちました。
Karisugi
 
 
 

カバー力

薄づきですが、顔の赤みや毛穴は少しカバーできました。 

ですがシミの方はあまり隠せませんでした。 
 

使用前と使用後の肌がコチラ

ヴァントルテ レビュー3

使用前のスッピン肌(頰)です。普段から肌かぶれによる赤身があり、シミも多いです。

ヴァントルテ レビュー4

軽く3回重ね付けしました。少しだけ赤身と毛穴はカバーできましたが、シミはあまりカバーできませんでした。

 

Karisugi
肌がかぶれないことが最優先だったので、カバー力があまりなくても残念な気持ちにはなりませんでしたよ。
 

UVカットがSPF25 PA++なので、約6年間、基礎化粧品と日焼け止めを一切使えなかった者としては、また肌が荒れないか心配でしたが、結果、何事もなかったのでホッとしました。 
 
 

保湿力

細かいシワや化粧崩れが気になる夕方も、全く乾燥しませんでした! 

時間がたってうまい具合に顔のあぶらと馴染んだのかもしれませんが、つけた直後よりツヤ感がちょうどよく出てました。 
 

Karisugi
肌がかぶれたり炎症を起こさないというだけでも大満足だったのに、時間が経っても肌がカサカサにならなかったのがさらに嬉しかったですね。
 
 
 

コスパ

はじめは、お試しにしては高いように思ったのですが、 

  • 付けたまま眠れるほど肌にやさしい
  • 通常の洗顔料だけで落とせてクレンジングが不要
  • 敏感肌・乾燥肌に嬉しい天然ミネラル成分95%以上配合
  • ピュアシルク100%配合で、パウダーファンデなのに肌がカサつかずしっとりする
  • 下地がいらない

 
と、肌への負担がなさそうだということで、迷わず購入してしまいました。 

はじめ、「シルク配合で何が変わるの?」と思いましたが、ピュアシルクは肌の乾燥を防いだり、お肌の水分バランスを整えてくれて、さらに透明感のある肌に見せてくれるとのこと。 

1年中肌トラブルに悩んでいる身としては、肌荒れを起こさず乾燥から守ってくれて、少しでも肌ムラをカバーしてくれるというのはありがたい限りでした。
Karisugi
 

残念ながらドラッグストアでは取り扱っていないみたいです。 

東急ハンズやLOFTのようなお店がない場合は、購入はネットからになります。 

 
 
 

番外編:超敏感肌の私でも使えた基礎化粧品に代わるアイテム

敏感肌におすすめの「ヴァントルテ」お試しを使ってみた結果/div> 

最後に、超敏感肌になってから基礎化粧品の代わりに使っていたアイテムをご紹介します! 
 

今でも花粉の時期や季節の変わり目には肌荒れするので使っていますが、ひどくなる前にきちんとケアすることで、それ以上顔がボロボロにならずに済んでいます。 
 

私の場合、 
 

肌の乾燥が激しい時やかゆみが出てきた時はアロエキス、 

比較的肌トラブルが落ち着いている時にはベビーバランス、 

乾燥する季節やホルモンバランスに合わせて作る化粧水・・・

 

というように、そのときの肌状態に合わせたセルフケアを行うようにしています。 
 

これら全て顔だけじゃなく全身に使えるので、敏感肌・乾燥肌でお悩みの方にもおすすめです。 
 

とにかく肌に負担をかけたくない方、敏感肌や乾燥肌でも安心して使える化粧品をお探しの方は、ミネラルファンデーション【VINTORTE】を一度試してみてはいかがでしょうか♪  
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-商品レビュー