岩手県ならではの〇〇

鉄瓶の赤サビはこすらなくても取れる?使うのはアノ茶葉

鉄瓶の赤サビはこすらなくても取れる?使うのはアノ茶葉

 

使い続けるうちに出てくるのがサビですが、サビにもそのまま使い続けても良いサビとダメなサビがあります。 
 

沸かしたお湯が濁るほどの赤いサビができてしまったら、きちんとサビ取りする必要があります。 
 

手順は簡単なので、鉄瓶内の赤サビで気になることがありましたら、参考までにご覧ください。 

 

 

鉄瓶の赤サビ〜取り方〜

 

Karisugi
以下の手順でサビ取りをすれば、また使えるようになります。
慌ててタワシなどでゴシゴシこすらないようにしましょう。
 

step
1
鉄瓶内を軽くすすいで洗い流す

 

step
2
7〜8分目くらいまで水を入れ、大さじ1杯程度の煎茶葉を入れる

 

煎茶葉はお茶パックに入れてから沸かすと、洗い流す時ラクですよ。
Karisugi
 

step
3
そのまま沸かし、沸騰したら弱火にして30分沸かし続ける

鉄瓶の赤サビはこすらなくても取れる?使うのはアノ茶葉

 

step
4
30分経ったら火を止め、半日放置する。その後、鉄瓶の中のお湯と茶葉を洗い流す。

 

蓋のつまみも持ち手も熱いので、ミトンや布巾などでつまみを押さえながらお湯を流してください。
鉄分とお茶の成分が反応してお湯が黒くなっています。
Karisugi
 

step
5
また7〜8分目くらいまで水を入れ、沸騰させる。

 

step
6
沸騰したら火を止め、お湯が濁っていないか確認する。

 

まだ濁っているようなら、step2〜6を、水が濁らなくなるまで繰り返してください。
お湯が濁らなくなったら完了です!
Karisugi
 

サビができてもこすらない

毎回お湯を注いだあとは、ふたを開けて中の水分をしっかり蒸発させるようにすると、サビも付きにくくなります。 
 

とはいえ、鉄でできた鉄瓶なので、使い続けるうちにサビが出てしまうのは仕方のないことです。 
 

サビはこすり洗いしたくなりますが、お湯が濁っているわけじゃないなら、そのまま使い続けても大丈夫です。 
 

お湯が濁り出したら、あわてず、煎茶葉を用意しましょう☆ 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-岩手県ならではの〇〇
-,