リセ美容室

ストレートパーマと縮毛矯正の違いってなに?【これで解決】

ストレートパーマと縮毛矯正の違いってなに?【これで解決】

 

ストレートパーマや縮毛矯正を試したことがある方! 
 
一度は誰かに、アノ疑問をぶつけたのではないでしょうか。
 

「ストレートパーマと縮毛矯正ってどう違うの? 」

 
その疑問、マルッとお伝えします! 
 
縮毛矯正ってなに?」という方も、「知っているけどストレートパーマとの違いがわからない」という方も、ここでスッキリ解決してしまいましょう。
 
この記事を読めば、 
 
ストレートパーマと縮毛矯正の違い」と 

どんな人がどっちを選ぶべきか」が分かります。 
 
 

 
 

ストレートパーマと縮毛矯正の違い

ストレートパーマと縮毛矯正の違いってなに?【これで解決】

 

目的が違う

ストレートパーマは髪の毛のクセを伸ばすためのものではなく、ボリュームを抑えたい人が使うパーマです。 

縮毛矯正はクセ毛をまっすぐにして、ツヤサラのストレートにしたい!という方に最適です。 
 
 

施術の流れが違う

ストレートアイロンを使うか使わないかの違いです。 
 

【ストレートパーマ】 
→ 薬液だけ使う 

【縮毛矯正】 
→ 薬液+ストレートアイロンを使う 
 
 

施術時間が違う

【ストレートパーマ】 
→ 約1時間〜1時間30分 

【縮毛矯正】 
→ 約2時間〜2時間30分 

※髪の長さでも時間が変わります。 
 
 

ストレートヘアのもちが違う

【ストレートパーマ】 
約3ヶ月前後もつ 

【縮毛矯正】 
→ ストレートにした範囲は半永久的にもつ 
 
 

髪へのダメージが違う

ストレートパーマと縮毛矯正では、ストレートパーマの方がダメージが少ないイメージがありますよね。 

従来のままならそうですが、今は縮毛矯正にも、髪が傷まない輝髪(きらがみ)ストレートというものがあります。縮毛矯正だろうと髪へのダメージはありません。 
 

 
 

料金はその店舗によって大きく違うのでここでは触れませんが、時間も料金もストレートパーマより縮毛矯正の方が倍かかります。 

とはいえ、くせ毛の悩みを解決してくれるのは、縮毛矯正しかありません。 

「縮毛矯正したいけど髪が傷むのは絶対に嫌だ!」という方には、輝髪(きらがみ)ストレートがおすすめです。 
 

注意!!

縮毛矯正をした髪の毛は元に戻らないため、「次はふつうのパーマをかけたい」となった時、それができません。 
その時には、デジタルパーマの出番となります。

 
 
 

ストパ&縮毛矯正 Q & A

ストレートパーマと縮毛矯正の違いってなに?【これで解決】

 

Q : 髪は施術当日に洗ってもいいですか?

A:ストレートパーマは洗っても大丈夫ですが、キラガミストレートのような縮毛矯正は洗えません。また、洗った場合はしっかり髪を乾かすようにしてください。ただでさえ髪は濡れていると傷みやすくなります。施術当日なら、なおさらです。 
Karisugi
 

Q : シャンプーはどんなものを選ぶべきですか?

A:髪や頭皮への負担が少なく、保湿効果もあるアミノ酸系の成分の配合量が多いものを選びましょう。石油系の界面活性剤が含まれていないものがいいですね(「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」など)。
Karisugi
 

Q : アミノ酸系のシャンプーはどこで買えますか?

A:美容院・ドラッグストア・ネット通販で買えます。よくわからなかったら、施術してもらった美容院で買うのが一番手っ取り早いですよ。
Karisugi
 

Q : 髪を洗うとき、気をつけることはありますか?

A:シャンプーする時は髪の毛同士をこすらないことが大事です。シャンプーはしっかり泡立て、髪の毛はこすらず、頭皮を揉み込むように洗いましょう
Karisugi
 

Q : 洗い流さないトリートメントはどう使えばいいですか?

A:乾かす前と後につけるのがベストです。特に毛先が乾燥しやすいので、毛先中心につけましょう
Karisugi
 

Q : 学校や職場で髪をまとめないといけないのですが、結ぶのはダメですか?

A:大丈夫ですよ♪ただし!髪が濡れた状態で結ぶと、クセがつきやすくなってしまいます。クセがついてしまったら、もう一度濡らして、しっかり乾かして、まっすぐになおしましょう
Karisugi
 
 
 

あなたにおすすめのページ

-リセ美容室
-, ,