ストレス・メンタルヘルス

ストレスによる不整脈に、アロマケアで使っている精油

投稿日:

ストレスによる不整脈に、アロマケアで使っている精油

 

不整脈は心臓疾患や高血圧、甲状腺異常などの病気とは関係なく、疲れやストレス、睡眠不足、加齢などが原因でも起こることがあります。 
 

このページでご紹介する精油やアロマケアは、病気とは関係ない、心配のない不整脈とわかった上で自己責任で行っているものです。 
 

ストレスに長くさらされていると、不眠や免疫力の低下など体の不調にもつながります。 
 

ストレスをやわらげたいときは、アロマの香りを嗅ぐだけでも効果的なので、不整脈ではない方にもおすすめですよ☆ 
 
 

 
 

始まりも終わりも唐突な不整脈

ストレスによる不整脈に、アロマケアで使っている精油

 

不整脈はいきなり始まって終わります。時間や場所など関係なく出ます。数十秒から数分のときもあれば、1日中違和感があるときもあります。 
 

心臓が細かく震えているようなひょこひょこした感じで、脈がとんだり、とにかく不規則になるんです。 
 

不整脈が出るのはどんなときか思い返してみれば、 

  • 疲れがたまってきたとき
  • 不安や心配事、イライラなどストレスがあるとき
  • 寝不足のとき
  • 生理中
  • 気温と湿度が高いとき
  • 低気圧のとき 

 

↑のようなときに必ずといっていいほど出ます。 
 

気候や生理は自分でどうにかできるものではありませんが、疲れやストレス、生活習慣の見直しはなんとかなるかもしれません。 
 
 

ストレスによる不整脈に選んでいる精油の基準

ストレスによる不整脈には、鎮静作用、抗けいれん作用、血液凝固阻止作用、自律神経調整作用のある精油を中心に選んでいます。 
 

成分でいうとリナロール酢酸リナリルシトロネロールテルピネン-4-オールゲラニオールβ-ジオンです。 

(※個人的な基準で選んでいるのでこれが全てではありません。) 
 

副交感神経を優位にすることで、緊張や不安、鬱々とした気分などストレス緩和に役立ちます。 
 

ストレスが緩和されることで「眠れない」状態が落ち着くことも。 
 

"安眠効果だけ気になる"という人は、無印良品のおやすみブレンドも参考にしてみると良いですよ。ラベンダーなしでもぐっすり眠れると好評のようです。 
 

  
 
 

実際によく使う精油

自分が好きな香りで欲しい作用を持ち、ブレンドもしやすい精油となるとこんな感じです。 

 

ほかにも、ネロリ、プチグレイン、ローズ、カモミール・ローマンなどもストレス性の不整脈に良さそうですが、今回は省きます。 
 

ヘリクリサム(イモーテル)は1度じかに嗅いだら不整脈が落ち着いたことがあったので使っていますが、いまだに苦手な香りでブレンドしないと使えません。クラリセージは"いい匂い"と感じるときとそうでないときの差が激しいです。「使いたいけど苦手な香りだった」ときはブレンドするに限ります♪ 
 

参考ページ>> 不眠、ストレスに役立つ手作りアロマオイル ブレンドレシピ 
 

ちなみに単品でも嗅ぎやすい香りの精油は、ベルガモット、ラベンダー、ゼラニウム、スイート・マージョラム、カモミール・ローマン、ローズです。「単品で嗅ぐとクサイ」と感じる精油とのブレンドにも重宝します。 
 
 

ストレスによる不整脈のアロマケア

アロマケアといっても香りをかぐだけだったり、自分でブレンドして作ったアロマオイルを塗るだけだったりします。 
 

予防として行ってもいいし、不快感を感じたときに行ってもいいです。 
 

ケア1

ハンカチかティッシュに精油1〜2滴垂らして、鼻の近くで嗅ぎます。お部屋に香りを拡散できるディフューザーも◯。
 

ケア2

数種類の精油をブレンドして作ったアロマオイルを、みぞおちや胸まわりに塗ります。お風呂上がりや寝る前におすすめです。 
 

ケア3

ケア2と同じアロマオイルを、ロールオンボトルに小分けにして持ち歩くのも便利。そのときは前腕に塗って香りを嗅ぎます。前腕はオイルの吸収が早く、香りもすぐ嗅げるので日中使いに向いています。 
 

材料とブレンドレシピ例

● 30ml遮光瓶
● ホホバオイル、スクワラン、スイートアーモンドオイルなど精油を希釈するキャリアオイル:20ml
● 精油:合計8滴(精油濃度2%)
【ブレンドレシピ1】
* ヘリクリサム(イモーテル):1滴
* スイート・マージョラム:2滴
* クラリセージ:2滴
* ゼラニウム:3滴
【ブレンドレシピ2】
* ヘリクリサム(イモーテル):1滴
* イランイラン:1滴
* ベルガモットFCF:2滴
* ラベンダー:4滴
遮光瓶にキャリアオイルと精油を入れて、蓋をしたらよく振り混ぜます。これで手作りアロマオイルの完成です!
関連ページ>>基本のアロマオイルの作り方

Karisugiお気に入りブレンドです。これなら苦手なヘリクリサムの香りもやわらぎます♪
Karisugi

 

余談:ストレスはないに越したことはない

ストレスによる不整脈に、アロマケアで使っている精油

 

Karisugi経験談ですが、人間関係のストレスが長引きピークに達したとき、首の後ろに玉こんにゃくみたいなグニャっとしたしこりができたことがあります。 
 

いきなりできたんです。そして嘘みたいな話なんですが、その翌日、ストレス源がなくなった夜には、なんと、しこりもなくなっていました・・・。 
 

ストレスで不整脈や吹き出物が出るのは慣れていますが、いきなりしこりができて、ストレス源がなくなったその日のうちに消えるなんて経験をしたのは初めてです。 
 

"ストレスは多少あったほうが良い"という人もいますが、「いや、ないほうが良いに決まってる!」と改めて感じた日でした。 
 
 

終わりに

不整脈が出ること自体には慣れましたが、このままどうにかなるんじゃないかと思わせる胸の違和感は、やっぱり不快ではあります。 
 

Karisugiは、不整脈が出やすくなる原因を知って、自分なりの対処法や「これがあれば大丈夫」というものを作りました。 
 

特に「これがあれば大丈夫」という安心感は、心の安定剤にもなります。 
 

それが今回はアロマだったわけですが、ここだけは注意。 
 

ご紹介したアロマケアは、疲れやストレス、睡眠の乱れなどによる不整脈に対して、自己責任のもと行っています。 
 

心配のいらない不整脈かどうかわからない人は、アロマケアを始める前に、まずは循環器科(または内科)を頼りましょう。 
 
 

今回ご紹介した精油&材料

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

-ストレス・メンタルヘルス

Copyright© karisugi blog , 2021 All Rights Reserved.