のど・せき・たん

風邪のサイン?喉の痛み・違和感に、アロマで集中ケア

風邪のサイン?喉の痛み・違和感に、アロマで集中ケア

 

花粉のシーズンでもないのに、口内の上のほうに違和感を感じることがあります。引きつるような、そこだけめちゃくちゃ乾燥しているような、変な感じです。 
 

熱や咳の症状はないけど、喉の痛みだけ少しある・・・ 
 

そんなとき必ずやるアロマケアがあります。 
 

それが、ティートリーの原液塗布と、ユーカリ・ラディアータの吸入。 
 

アロマオイルを作れないときは、すぐにできる精油の原液塗布と吸入が役に立ちます。 
 

 
 
 

喉の痛みに|ティートリーの原液塗布と、ユーカリ・ラディアータの吸入

風邪のサイン?喉の痛み・違和感に、アロマで集中ケア

風邪のサイン?喉の痛み・違和感に、アロマで集中ケア

ティートリーユーカリ・ラディアータも、抗菌・抗ウイルス作用に優れ、免疫力を高めてくれる働きが期待できます。 
 
ティートリーの香りは独特で好き嫌いが分かれるところですが、ユーカリ・ラディアータのほうはレモンのような甘さがあり、肌や粘膜への刺激が穏やかで、子供にも使いやすい精油です。 
 

 

 
 

<実施期間> 3日間、朝と夜 
 

<やり方> 

1.お湯を沸かします。 

2.お湯を沸かしている間に、ティートリーを1滴、そのまま手のひらに垂らします。 

3.耳の下、顎の下、のど元にすり込むように塗布します。 

4.お湯が沸いたらマグカップにお湯を注ぎ、ユーカリ・ラディアータを2滴垂らします。 

5.目を閉じて、マグカップからの蒸気をゆっくり吸います。 

6.蒸気がなくなったら終了です。

 

1〜6を朝と夜に行います。ひどくなる前に行うのがポイント! 
 

あとはよく食べてしっかり寝るだけ。 
 

簡単なセルフケアですがKarisugiには合っているようで、だいたいこれで喉の違和感は解決します。 
 

原液塗布が心配な人は、ホホバオイルなどと混ぜて使っても◎ ↓↓

 
 
 
 

あなたにおすすめのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

-のど・せき・たん
-, , ,